【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 99

夜中に目が覚めた。シムはすやすや眠ってる。
あの後も・・・激しかった。あいつ、どんだけ好きなんだ。
・・・アレが。

起き上がり深いため息をついて、痛む節々にお前の愛撫を思い出す。
見れば無残なまでに吸われた痕。ある種のDVみたいなもんだ、ここまでくると。
こんなに俺に吸い付くとか、前世ヒルなのかもしんねえなあ、なんて。
くだらないことを思った。いつか血を吸い尽くされそう。

喉が渇く。何の気なしに冷蔵庫を開けると。
・・・いちごオレが、ある。そーいやいつもビニール袋に入ってる。
俺のために買っといてくれたのかな。開けて、飲む。・・・うまい。

パックを吸いながら戻っても、シムはまだ眠ってて。
隣に腰かける。幸せなような、平凡なような。
横を向けばお前の、綺麗な寝顔が見えて。
カーテンの外の薄明かりが気になって、窓に立つ。
「・・・あ」
満月。柔らかな光を、落として。

しばらく眺めてた。少し肌寒くなって、ベッドに戻ると。
「う・・・ん」
シムが俺に寝返りを打ち、抱きついてきた。
「・・・つめ、てぇ」
「トイレ行ってた」
ちゅっとキスされて。
「・・・いちごオレ」
「飲んだ」
「・・・だろーな」
寝ぼけ眼で俺を見つめる。
「俺にしとけよ。幸せにしてやるから」
「・・・ああ。俺も幸せだからお前にしとく」
言うと、本当に子供みたいにふにゃっと、笑って。

俺も幸せがいいなあ、なんで苦しいんだろ、って。
俺を刺す一言を胸に落としてからまた安らかな寝息を、立てた。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



あーんだってシムはあー
好きすぎて苦しいんだもーん!
ユノがちゃんと俺のものって自覚できるまでは
幸せとは思えないのかもしんないー!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR