FC2ブログ

Sure

今日はなんだか、寝たくないんだ。

仕事終わって、ご飯食べて、家に帰って、ひとりでシャワー浴びて。
ヒョンとは別の仕事で、今日は早く終わったからって、出かけたらしい。
この僕をひとりにするとは、いい度胸だね。
たまにはあなたが僕を出迎える番じゃないんですかね。


いつもの格好でリビングに戻ったって。
ヒョンがいないからテレビもついてない。
物音がしないって、案外寂しいもんだって、
今気付いたわけじゃないけど、今はっきり認識した気がする。

まあ・・・いいけど。

冷蔵庫開けて、とりあえずビール。
髪の毛拭きながら、ソファにどっかり腰を下ろして。

ご飯食べたときは我慢して飲まなかったからね。
酔っ払って帰ったら、ヒョンきっと安心して寝ちゃうと思って。
外で飲んで帰ると、大体そのままベッドに入ったりしちゃうから。
ヒョン、知らん顔して自分の部屋で寝るんだよね・・・。

あー、なんか腹立ってきた。
今頃どこで何してるんだか。人の気も知らないで。
寝ちゃいますからね、明日も早いんだから。
まだ全然・・・寝たくないけど。

とか言いながら、うつらうつらしかけた時に。
「たーだいまー!」
のんきにヒョン、帰還。
「チャンドラー? いるのぉー?」
靴あるんやけ、いるに決まっとろうが!
・・・と突っ込みたかったけど、無視。
ビール置いて、寝たふり。

「あー。いたぁ~」
ぷっ。
内心、吹き出す。
「ねえねえチャンミン、今日ねえ・・・あ?」
僕に近寄りながら、独り言。
足元に座り込んで、僕が目を閉じているのを見て、話すのをやめた。
・・・視線を感じる。
その顔、見たいけど、さすがに薄目あけたらバレるしな。
寝たふり、寝たふり。

ものすっごく近づいてきた。
多分立て膝してる。
右手をソファの背もたれにかけ、首をもたせ掛けて寝たふりしてる僕の。
うん、首筋のにおい、かいでるっぽい。すごい鼻息がかかるし。
くすぐったくて、笑いそうになるけど、こらえろ、僕!
かと思えば。
「!」
うわあ。耳の後ろあたりにキスされたっ!
思わず、体が反応する。
僕の反応にヒョンはつぶやく。
「・・・あ」
起こしちゃうー、だめー。と、なぜかひとりで突っ込んでるヒョン。
あんたがいらんことするけぇ、いかんのやろー。
するならもっといっぱいしてくれんと、起きるに起きられん。

んふ、んふ。と笑いながら。
僕の背中側に座って、背中にぴったり身体をくっつけて、頭をもたせかけてみたり。
前に回りこんで、まぶたに息を吹きかけてみたり。
よかったああ、寝てるぅ~!と喜ぶヒョン。
・・・複雑な心境。

あ、ビール飲みかけじゃん。
飲めないくせに、飲んでるみたい。

うわ。にっがあー。
・・・飲まなきゃいいのに。

どうしても、その「にっがあー」な顔芸が見たくて。
今気付いた振りして、目を開ける。

「あ、起きちゃった?」
・・・さんざん起こすようなことしといてよく言うよ。

「・・・起きちゃった」
言うと、ヒョンが笑う。
僕の隣に、座って。

「なんでチャンミン、こんな苦いの飲めるのー?」
「苦くないですよ、おいしいです」
「だってぇー、苦いよー」

と言いながら、また飲む。
んふ。と笑って。

「そんな格好のまま寝たら、風邪引くよ」
珍しく、大人なことを言ってくれる。

「責任、取ってくださいよ」
「責任?」
「ヒョンが帰ってくるの、待っててあげたんです」
「なんで? 寝ててよかったのに」

・・・このわからずや。

「・・・ヒョン?」
「・・・はい」

「玄関で靴、そろえました?」
「・・・・・・」

「ジャケット、ちゃんとお洗濯のところにもって行きましたか?」
「・・・明日も、着るよ」

「明日は別の着ます。・・・で、靴下は?」
「・・・・・・」

「ほら見なさい。結局僕の仕事が・・・」
立ち上がろうとすると。
「ごめんねっ、今からちゃんとするから、チャンミナは寝て・・・」
と言って、逃げようとするから。
させねえよ。

両腕をつかんで、座らせる。

両肘をつかまれて、僕の目の前に引き戻されて。
怒られるなあって、顔をしているヒョン。

まったく・・・どっちがヒョンなんだか。
天下のカリスマも、家の中ではこれですからね。
世話の焼ける・・・。

「今更、ユノヒョンの世話なんか、寝ててもできますよ」
「・・・はぁい」

ちょっと気に入らなさそうな、軽いふくれっつら。
次の瞬間、僕の機嫌を伺うように、ちょっとだけ、笑ってみせる。
その笑顔に気をとられた隙に、ヒョンが。
裸の僕の肩に、その大きな手のひらを、乗せる。

ほら、もう、こんなに冷えて。

ヒョンの手のひらが、温かい。
その手は、僕の腕をさする。

ね、ちゃんと片付けるから、早く寝て。
僕もシャワー浴びてくるから。

ねえ。
ん?
今日どっちで寝る?
・・・自分の部屋で、寝るけど?
・・・待ってて、いい?
ん? 寝てていいよ、待ってなくて。

んふ。な笑顔。
あああああ・・・!
・・・マジてめえ空気読め。

歯軋りしたいくらい悔しい僕をおいて、ヒョンは。
ふらふら、バスルームへ消えた。

当然、さっき言ったことはすっかり忘れて、
靴は脱ぎっぱなし、ジャケットは玄関先の棚の上にかけっぱなし、
靴下は洗濯のとこへ持ってったみたいだけど、
まったく・・・ね。


そしてベッドに入って、また、うつら、うつら。

「あれええー?」

腰タオルのユノが部屋に戻って。
ベッドで寝てる僕を見て、そう声を上げる。

「なんすか」
「なんでここにいるのぉ? 部屋で寝ないの?」

・・・あっためといてやったんだよ。

「・・・別に」
「あー!」
ヒョンが、うれしそうに笑う。

「なんすか」
「今日一緒じゃなかったからぁ、寂しかったんでしょ?」

ムカついて、背を向ける。
ヒョンは一向に気にしない。
ふっふ~ん♪ って歌いながら、ベッドに入り込んできて。

ねえ寂しかった?チャンミナ寂しかった?僕、寂しかったよ。って。
後ろから、僕の腰を抱いて、そうささやく。

頬のすぐ脇に、両手を揃えておいていた僕は。
腰に回された腕に、腕を重ねてみる。

会いたかったよ、今日、ずっと。
・・・遊びに行ったくせに。
ああ、だってさあ、友達から連絡来たから。
ふーん、いいですね、友達いっぱいいて。
・・・あれ、やきもちぃ?

なんか、文句でも?
・・・ううん、かわいい!

言って、ぎゅっと、抱きしめられる。
背中にごろごろ、頭を押し付けられて。

チャンミナ、大好きっ。愛してるっ。
・・・そうですか。
うん。そうだよ。・・・おやすみ。


って、えーーー!
なぜそこからその展開?
途中抜けてない? なんか、愛を確かめる行為とか!

身体をずらして、ヒョンに振り向こうとすると。
またがっつり、抱きつかれる。
今度は足まで絡ませて。
・・・抱き枕か、僕は。

ヒョンの腰タオルが解けて。
僕の裸の太ももに、それが触れる。
誘うだけ誘って口だけなんて、ないわ、今更。

なんとか、その腕と足から、動く隙間を作って。
向き直る。
もう、目も口も半開きになってるから。
これ幸いと、舌を入れる。

「・・・んがっ!」

いきなりそんなんされて、驚いて目を覚ますユノを。
馬乗りになって、見つめる。

・・・あ?
だからぁ、待ってたんです。
・・・僕を?
他に誰がいますか。

・・・なんで?
なんでって・・・それは・・・。
エッチしたいの?

眠そうな、純真な目でそう言われると。
逆にエロ度が、増すな。

うん、したい。
・・・好きだねえ、チャンミン。
あなたが・・・そうさせたんでしょ。
そぅお?

まんざらでもなさそうな顔で、笑う。

どーしよっかなあ・・・。
なにがぁ。
眠いし・・・。
それは僕だって同じです。
あ、じゃあ、寝よう!
・・・だめです。
なんでぇ?
もう・・・ほら。

準備万端なのを、押し付けてみる。

ああ、じゃあ・・・。
んー、と、目線を上に挙げて、唇を尖らせて、考える表情。
で、そうだっ! ってな顔して。

お口で、してあげるっ。

・・・んふ。

だからぁ、エッチはなしねっ、と軽く言うヒョンに。
MAXのMAXがますますMAXになるのを感じながらも。

女子じゃねえんだからいつだってできるだろーが。
とりあえずだまくらかして口でさせて、疲れさせたところで一気に食うぜ。

なんて本心は、さておき。

してくれんの?
・・・うん。

喜んで! ってな顔して、布団の中へもぐりこんでいくヒョンを見て。

ああでもやっぱり、それされちゃったら。
気持ちよくって、寝ちゃうかも、しれないと・・・。

思った・・・。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

ユノかわえぇぇぇ~(*≧∀≦*)
日本で見せてくれるユノってこういうイメージ
ありますよね!!
「起こしちゃうーーだめーーー」とか馬鹿萌えた~
KYなとことか、なんか地雷的な物踏んじゃってるとことか、
ユノですね~(^^)

そうかと思えば、あちらの最強ドSユノもまたユノらしいんですよね。 なんとも奥行きのある男ですね~

連発コメントです。

おもしろいーーww
かわいいーー^^

チャミのmizutama様的な方言にツボりましたww
「なんすか」も大好きーー!

仕事に行く前に…

やっぱりコメントさせてください。

かわいい。ユノもチャンミンも!

ヤらしいユノもエロいユノも好きだけど、
思ったほどヤリたがりでもないユノも好き♡

朝からすみません。

なんだかやっぱりわからないことがあると不安というより落ち込む感じ。
真実じぁない情報に一喜一憂するようなファンになりたくないのに。
ユノだけ日本滞在のモヤモヤ。
知らなきゃ知らない方がよかったなぁと今さら思ったりしてました。
だからmizutamaさんの二人のイチャコリャに救われます。
だったらいいなぁ~本当だったらいいなぁ~♡
ユノペンとチャミペンどっちが多い?とか言ってたけど、そんなのどうでもいいわ。愛は数じゃないしね!
それより、二人がガチであって欲しいペンとそうじゃないペンの割合の方を知りたいと思いませんか?
ハイ!ハイ!kazはもちろんガチでお願いします!

Re: タイトルなし

あいさま、いつもありがとうございます。

「起こしちゃうーーだめーーー 」シーンは、
自分的に、「STILL」オフショの、
「自分より背の高い人(はりぼて)はいなかった、よかったぁ☆」と
言う時のユノのイメージです。

もう、はっきり言ってくれないと分からないから
ベッドでやきもきしながらチャミが待っていたって
そうなっているのを確認しないと、本来の目的が分からないというw
ありえないほどKYなところが・・・!
やはり、好きだなあと思いますw

でも別の話ではまったく別人ですよね・・・^^;

ではでは、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

Re: 連発コメントです。

velmaさま、いつもありがとうございます。

方言いわすの好きなんですよね。
方言じゃないけど「なんすか」はいいそうじゃないですか? チャミ。

自分ももともとこっちの人間ではないので、
長く住んでいて身についた方言ってなんか不思議。

そして以前、ゆうしんさまが、4/15の靖国デートの際のw
私のリベンジ発言を書き込んでくださったときに、

自分が話した言葉をこうして字に起こしてもらうと、
やっぱ方言って萌えるわ~と再確認したところもあるんですよね。
無自覚に聞いて、話しているからなおさらです。

どうでもいい話ですが、こっちにいて、いまだに萌える方言は
「だけぇ」(だからぁ、みたいなニュアンス)です。

velmaさまにまたお会いする機会がありましたら
ぜひ関西弁バリバリでしゃべってくださいね^^

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 仕事に行く前に…

ゆうしん さま、お仕事前にありがとうございます。

気持ちの伴わない行為ほどつまらない・・・というか
せつないことは、彼が一番よく分かっていると思うので、
そこはもう、夢でしかない、かわいいバンビちゃんをみても
虎になりきれないユノさまでございます。

もちろんバンビちゃんがあのうるうるな上目遣いで
誘ってきたら・・・!
虎さんはそれなりの節度を持って、殺さない程度に頑張りますw

ではでは、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします^^

Re: タイトルなし

kaz さま、いつもありがとうございます。

そうですね、そのあたりのことは、本当かうそかはわからない・・・。
実際どうであれ、そこはユノのプライベートも含まれますから、
寂しいし、事実であって欲しくなくても、薄目で見守るくらいですね・・・w

そうですね、本当! 愛は数じゃないです。
愛は密度と常識。うまく説明できないけど、そう思います。

数で如実に現れてしまうから、振り回されることもありますが、
私も自分の指針を見失わずにいたいと思います。

私もガチで・・・ww
やっぱり、ずっと一緒にいてほしいし、夢をみさせてもらいたいですね^^

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

連発のコメントすみません。

方言いいですよねー!
私も大好きです^^
オーラスでお会いした時
mizutama様の「だけぇ」に密かに萌えましたww
関西弁は萌えを与えられるかは分かりませんけど。。
結構 いんや だいぶん好きです。
自分が普段しゃべっている言葉やけどww

これからも方言炸裂させてくださいね。
活字になった方言もかなり萌えますので^^

そしてKaz様はじめましてm(__)m
私もガッチガチでお願いしますw

Re: 連発のコメントすみません。

velma さま、いつもありがとうございます。

関西弁萌えますよ~!
私、ちょっと変かもしれないんですけど、
関西の人が標準語をしゃべるんだけど、
アクセントがつい関西になってしまうところに萌えますw

なのでお好み焼き屋のおじさんの標準語とか
萌えましたね・・・!
velma さまも時々出てましたね、方言が^^
やはり「だけぇ」萌えますよね・・・!
住んでいてもいまだに萌える「だけぇ」w

腐友は関西弁大好きで(関ジャニもその辺で好きなのかも?)
私がオーラス参戦中は町をぶらぶらしており、
周りがみんな関西弁だった!と興奮してたくらいですw
心斎橋とかそんなとこいったら当然やろ、って感じですが、
まあ、萌えまくってる人にはたまらんですよね、
あっちでもこっちでもそのしゃべりってのは・・・w

あ、Kazさまとガチホミン同盟結成ですね・・・!
私も参加させてください・・・w

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

こんばんは~♪

もう・・・もう・・・ぽわぽわユノたまりませんw
どストライクですww
チャミのドS加減も最高です♪方言めちゃ萌えなんですがっ!

ユノはあちらでは頼れるアニキみたいな感じなので、いま私、ぽわぽわ不足なんですよね><
ただ、チャンミンがデレやすくなるので、それはそれで嬉しいのですがw

私もガチホミン同盟へ参加させていただきたいですっ!
だってもう、ガチにしか見えませんもん・・・w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

かなめさま、いつもありがとうございます。

ぽわぽわかわいいですよね^^
私はぽわぽわも好きですが、やはり「アジアの旦那」ユノが好きなので
海外ユノのほうが好みかもしれません☆
だってかっこいいから~!

とか言いながらも、こういうぽわぽわ、KYなユノを書くのも
楽しいんですよね。
Sweetユノは、ベタベタするのは好きだけど、
そんなにしなくてもいい感じですね。女子っぽいw

方言にも萌えていただきありがとうございます。
中途半端な北九州弁ですがw
私も好きなので、つい使っちゃいますね^^

ガチホミン同盟、どんどん広がりそうですねw

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

Re: 初めまして!!!

ゆきんこさま、いつもありがとうございます。

パスワードお送りしました、無事届きましたでしょうか?
ご確認ください。

もっさまのところもすごいですよね☆
目指せもっさまですがあんなん書けんしw
もともと私の書くエロは、暗いんです・・・^^;
あんなにスカッとエロ書いてみたいもんです。

ではでは、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

はるさま、いつもありがとうございます。
博多弁となるか、北九弁となるか、なんか若干違うようですね。
語尾は同じような響きかもしれません。
おお、久留米・・・!久留米というと音楽の町な感じですね。
チェッカーズとかw

広島というと「じゃけぇ」ですかね、「けぇ」はあのあたりから
西の響きって感じがしますね。

パスワード、急に変えてしまってすみません。
朝からずっと家にいて、ようやく思いついたので、とっとと変えてしまおうとw

チャミはどう頑張っても、そこまで変わらないんですが
ユノはどうとでも変えられますよね、なんか。
イメージの幅が広いというか、なんでもありな気がします。

本当、普通じゃないからユノなんですよね!
私も、だからこそチャミじゃなくてユノなんです。
チャミは予測の範囲内。ユノは常に予測を軽く超えてくるw

ではでは、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR