FC2ブログ

wander

「わーい!」

・・・はあ?
心なしか、ユノの声が高い。
と、思ったら。
・・・ベッドが揺れる。
この揺れはですね・・・ユノのラストスパート・・・って、

やってねえし。今。

目を開けると、ゆのたんが。
「あ、茶様、おはようごじゃいましゅ!」
と言いながら、僕の横で飛び跳ねていた。


「おはようございます、ゆのたん」
「うん!」

なんで朝からそんなにテンション高いのかわかんないけど。
とにかく、かわいい。
今日も全裸(当然)。恥ずかしくなくなったのかもしれない。

「ゆのたん・・・」
「はい!」
「パンツ・・・はかなくて、いいの?」
「あ! 忘れてた!」

急に恥ずかしがっても、すでに見てますから。
かわいいぞうさん。

ぺたっと座り込んで、もじもじする。
「茶様ぁ、ゆのたんのぱーんつー!」

なんで茶様もはだかんぼなの? というのを。
暑いから脱いじゃった、ゆのたんもだよ。とごまかして。

昨日はパンツを穿くこともなくベッド入ったからね。
引き出しまでパンツを取りに行く。

ゆのたんにも服着せて、朝ごはん。
いつもながら、頑張って上手に食べてるけど、よくこぼす。
お口の周りを拭いてやったりすると、なんだか。
本当に子供ができたみたい。
僕にそんな人生が待っているのかは、分からないけど。
こういう幸せもいいなって、思ったり、する。

お外に出たい、と言うので。
たまには散歩。
手を繋いで、家を出る。
こんなにのんびりした気分で家を出ることって、あんまりないかも。

「茶様ぁ」
「・・・はい?」
「ゆのたんねぇ、おつかいできるよ!」
「・・・おつかい?」
「はい。お買い物、ありませんか?」
「お買い物・・・ねえ」

近くの公園で、待ち合わせることにして。
ゆのたんにお金を持たせて、コンビニでゆのたんの好きなお菓子と
ジュースを買ってきてください、と頼む。

この世界での、僕は。
どういう位置づけなのか、分からないけど。
早朝の公園で一人、ベンチに座っていても。
知らない人がじろじろ見たり、する。

でもそれは僕が現実世界の僕と同一として見られているのか、
そうでないのかも、わからない。

本当はしっかりゆのたんを見送りたいけど。
「ひとりでできる!」と言って聞かないので。
とりあえず、ベンチに座って、その小さな背中を見送る。

公園の少し先にある、横断歩道を渡った先のコンビニ。
危ないからダメ、と言っても、「できる!」とドヤ顔。

まあ、ゆのたんの世界の中で習ったんだろうと信じて。

ベンチに腰掛け、その視線の先にコンビ二はあって。
ゆのたんは、僕の位置から左側の歩道を、歩いてく。
植え込みの陰に隠れて、頭がちょっとしか見えないけど、
なんとか無事に行ってるみたい。

途中、知らない人に声をかけられたようで。
はっとして、立ち上がる。

女性の甲高い声でしきりに、かわいいかわいいと言われてる。

・・・なんか、複雑。
あの年でもうナンパされてんのかよ。

思わず、足が動く。
「おりこうさんね~」と言いながら、その女性たちは
ゆのたんに手を振っていた。

・・・よかった。さらわれたらどうしようかと思った。
ありえないことだけど。

ゆのたんに気付かれないように、公園の敷地内から、ついて歩く。
植え込みでぐるっと囲まれているから、ゆのたん、気付かない。
ふんふ~んと歌いながら歩くゆのたんは、知らない人とも元気に挨拶する。
柴犬を連れているおばあちゃんと、話したりしながら。

こういうところ、変わらないな。
横断歩道では、おばあちゃんと手を繋いで、渡っていった。
コンビニの前で分かれて、深く頭を下げてから、手を振って。

そういうあなたを見るのが・・・、大好きだ。


一歩間違えたら僕が不審者になりかねないから、
なるべく見ないようにして。

しばらくして、コンビニから出てきたゆのたんは。
今度は女子高生になでなでされていた。

・・・こういうところも、変わんねえな。

これまた女子高生に手を引かれて、横断歩道を渡って。
かわいく、バイバーイなんてやってるゆのたんに。

かわいいんだけど、やっぱ・・・、複雑。
わかりますよ、ゆのたんかわいいもん。
だけど、あの子は僕の。

そんな、こと。
何考えてるんだろう、僕。
自嘲気味に笑って、ベンチへ戻る。

歩いて戻ってきているはずの方向を見ても。
ゆのたんが、いない。

・・・何か、あった?

胸が、締めつけられて。
植え込みに走り寄る。
ゆのたんらしき影を、見つけて。

しゃがみこんでる。何、してるのか、分からないけど。
また、歌を歌いながら、なんかやってるみたい。

そこに、いるならいいんだ。
ホッとして。

思わず、深くため息をつく。

「ああー!」
ゆのたんの大きな声に、驚く。
ゆのたんが僕を見つけて、声をあげた。

「茶様、なんできたの?」
「なんでって・・・ゆのたんが」
「ゆのたん、ちゃんと戻れるって言ったでしょ!」
「そうだね・・・、ごめんね」

待っててね! と言って、ゆのたんは。
走り出す。

植え込みの向こうの歩道、こちらの公園。
そのわずかな隔たりも、遠く感じて。

ゆのたんの頭を見ながら、早足でついていく。
「あ!」

ドタッ。音がして。
「ゆのたん?」
転んだな。
とっさに、公園の出入り口へ回り込む。

ゆのたんは、ゆっくり起き上がっていた。
「・・・ゆのたん」
泣きそうな顔をして、でも、こらえて。
その手には、コンビニのビニール袋と、草。

その目の前に、しゃがみこんで。
痛そうに、悔しそうに唇を尖らすゆのたんを、見つめる。

「痛かったね」
「・・・ん」
「泣かなかったね。ゆのたんすごいね」
言うと、ゆのたんは、笑う。

「うん! ゆのたんすごい!」
すっごく幸せそうに笑うから。
抱きしめてあげたくなる。

腕を伸ばして、抱こうとすると。
「あ!」
言ってゆのたんは、手に持った草を僕の目の前に差し出す。
その草の先端には、可憐な紫の花が、咲いていて。

「はい!茶様!」

ゆのたんは、その小さな花束を、僕にくれた。
得意げな、笑顔。

「・・・ありがとう」

「綺麗だったからねぇ、摘んだの。
 茶様、むらさき、好きでしょ?」

「うん・・・、大好き」
ゆのたん。

だっこしてあげる。
大好きだから。
そのひざが、少しだけすりむけていて。
もう絶対、怪我なんかさせないからね。

ぎゅーっとほっぺたをくっつけると。
きゃっきゃっ、と喜ぶ。


ねえ、ゆのたん。
はい!
何買ったの? お菓子。

んーとねえ、と、袋からお菓子を出す。
ああ、好きそう。
ポテト味のスナック。

ジュースは普通に無難な炭酸系。缶を買ってる。
・・・潜在的なもの、かな。

おうち帰ってから?
・・・そうだよ。
今食べちゃだめですか?
・・・そうだね、おうちの方がいいね。
・・・ん。我慢する!

すごく食べたそうな顔をする、ゆのたんに。
ちょっと甘い顔をしたくなる。

でも、そこはしつけだから。

物欲しそうにじーっと、僕を見るゆのたん。
その柔らかなほっぺたに、キスする。

わあ!
そう声をあげて笑うゆのたんに、顔がほころぶ。

茶様ちゅーした! ゆのたんにちゅーしたああ!
って言うから、もっとちゅーしてやる。

見つめ合って、笑い合って、ほっぺにちゅーしあっても。
そこは、甘い雰囲気になるわけでも、なく。

でも、ゆのたんが笑いながら、僕の唇にキス、するから。
・・・やだなあ、もう。
この子・・・、返したく、ない。

抱けなくてもいいから、一緒にいたい。
無条件に僕を、癒す存在。

無邪気に笑うゆのたんを、ぎゅっと抱きしめて。

・・・ゆのたん。
・・・はい! 茶様。
また、会えますか?

聞くと、ゆのたんは僕をじっと見つめて。


・・・んふ。


・・・あ?


気付くと、その唇が僕の唇をふさいでて。
有無を言わさず下にされる。

舌を絡められて、ああ、もう。
いきなり消えちゃった、ちょっと悲しくなる。

唇を離して、ユノが。

・・・寂しかった?

聞くから。
意味がわからない。・・・でも。

うん・・・寂しい、よ。

ゆのたん。あなたの中にいるのに。
今日はもうキス、しなくてもいいよ。

見つめ合う。ユノは、僕を見て笑って。
髪をなでてくれる。

今、何時だろう。時計を見ようとして。
・・・あれ。

「これ・・・」
「ああ、覚えてない?」

ゆのたんが、摘んでくれた、花。
しおれてるけど。

この前、昼間にこれ、見てさ。
小さくてかわいかったから、チャンミンに見せたかったんだけど。
しおれちゃったねえ。

・・・ううん。
知ってる、この花。名前は、知らないけど。

ニワゼキショウって、言うんだって。
かわいいお花だね。

・・・ゆのたん。

ん?

あ、ユノ。
・・・ありがとう。


・・・んふ。


ユノは笑って。
僕の頬に、ゆのたんみたいな、ちゅー、してくれた。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!(^^)!

コメントありがとうございます♪
テンションあがっちゃいましたー
ホミン・ミンホ檄ヤバッ っす!!!
またお邪魔しちゃいます☆

シウォンさんヤバイすっよねー
ボクはアテネみてハマりましたー(^^♪
馬様~☆

またお邪魔させてください♪

Re: はじめまして!(^^)!

ソンさま、わざわざありがとうございます。

こちらこそ~!なんかおもしろかったので
思わずコメントしてしまいました^^

またお邪魔させていただきますね☆

アテネまだ見てないんですよ・・・というかつべとかしか見てないw
でも今週のanan買いました。勉強しますw

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

激カワ\(//∇//)\
久々のゆのたんに、メロメロです★

やーん♪(´ε` )ゆのたん、欲しい…‼

Re: タイトルなし

mapimama さま、いつもありがとうございます。

コメント返しを書いていたらなんとなく浮かびました。
ニワゼキショウ、かわいいお花なのです・・・!

ゆのたん欲しいですよね・・・^^
きっと毎日メロメロですよ~!

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

ゆのたんシリーズ素敵!!
バンビシリーズも好きだけど・・・やはりどちらもユノが良いです♪
バンビのユノもここのゆのたんも・・・♥萌え♥

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No~~~~~~~~~!!(笑)

ゆのたんが可愛すぎて・・攫ってしまいたいですぅ(>_<)
何ですか、この可愛さは??ヾ(。`Д´。)ノ彡

>もう絶対、怪我なんかさせないからね。
何だか自分の子供が小さい時に感じた事が蘇りますwww

mizutama様、可愛らしいお話ありがとうございます(__)
次回も期待して、ゆっくりと待ってます(゚-^*)

Re: タイトルなし

まろり~なさま、いつもありがとうございます。

時々書きたくなりますね、ゆのたん。
要するに子供を書けばいいだけの話なんですけど
うちは娘しかいないので、男の子だったらどんなかなーって
思いながら書いています。

そしてまろり~なさまはやっぱりどんなときでも
ユノが好きなのですね・・・!
あっちもこっちもクラクラしている私と違ってw
一貫性があって素敵です!

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします^^

Re: いいわぁ

もっさま、いつもありがとうございます。

ばんちゃみはそうですね・・・いろいろご希望が・・・w
がっつりショタに行くにはまだ早い感じですね・・・

コメントで、ばんちゃみと今のちゃみが両方出たら
どっちを選ぶんだろう、というものをいただき
それもおもしろいな・・・と思っているので
そんなのも書けたらいいですね(どんどんパラレル・・・w)

ちゃみにすれば、今のユノとゆのたんなら
ぜーんぜん問題ないわけで・・・

その点、悩みどころはやっぱりユノですね・・・
あんなふたりが目の前にいたらどっちかなんて選べない^^;

では、いつもありがとうございます。
またお邪魔します!
今後ともよろしくお願いします!

Re: ぽわぽわ

yukiyukiさま、いつもありがとうございます。

あの花を見ていると、摘んで帰りたくなります。
朝にはしぼんでますけどね・・・というか、日陰だと元気のない花なので
やはり屋内に連れて帰るのは無理な花なのでしょう。
野草は太陽の下で咲いてこそ。

ゆのたんも同じような存在かもしれませんね。

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

Re: No~~~~~~~~~!!(笑)

りるさま、いつもありがとうございます。
かわいいですよね、ゆのたん・・・!
ゆのの子供時代って、もっとやんちゃだった気もしますけど
かわいさとか、やさしさとかは今と変わらない、
というより今以上のかわいさですよね。

やっぱりお子さんのいる世代の方も多いので
こういう話はツボかもしれませんね。
私も昔を思い出しながら書いています^^

では、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

きゃぁ~ ゆのたん めっちゃかわいぃですぅ
わたしもこんなかわいいゆのたんがほしゅうございます。
どっかに 落ちてないかしら・・・ちゃみ様みたいにゆのたんの面倒をみてみたい・・かわいいだろうなぁ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

もうちゃん さま、いつもありがとうございます。
ゆのたんはシリーズとしてはあんまり出てきていないのですが
(初回が2/19、2回目が4/21という、1回で終わってたかもしれない作品です)

2回目の反響が案外よかったことから、3回目の登場と相成りました。

またコメントにて、いいネタいただいたので書けそうです!
うちのお客様はやはりお母さん年代が多いため(私もそうですが)
ゆのたんとかもう、さらって帰りたいくらいかわいいでしょうね^^
ベッタベタに甘やかしまくりたいです!

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ななしさま、いつもありがとうございます。

ゆのたんは人気ありますねー。やっぱり。
大好きと言っていただきうれしい限りです^^

なかなかネタがなく書けなかったのですが・・・
おかげさまで最近はゆのたんネタが浮かぶようになり、
コメントからネタをいただくこともあり、
わりと早く次回作書けそうです。お楽しみに~!

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

はじめまして

こっそり楽しんで読ませていただいてます。
中でも、ゆのたんが好きです!
チャンミンペンですが、こちらにお邪魔させていただいて、ゆのたんペンになりました。(ユンホさんも好きですが…)

パスワードがわからず教えていただきたいですf(^_^;
よろしくお願いしますm(__)m

Re: はじめまして

あんちゃんさま、はじめまして。
ゆのたん好きと言っていただけてうれしいです!

パスワード、ただ今送信いたしました。
ご確認ください。

引き続きお楽しみいただければ幸いですー!
今後ともよろしくお願いします。
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR