FC2ブログ

My Future

「Crossover-U second 6」で・・・

ダメだ・・・、イッちゃった・・・。

にて茶様、寝落ち中のユノとゆのたんの話。
Facebookにて書いてましたが本日完結しましたのでUP。
だっていきなりアクセス障害とかになったからーびびるしー!

あちらではこれからもちょいちょい書きますわん。
では、どうぞ!

-------------------

その、あと。
チャンミンは、すっかり寝入ってしまった。

そんなによかったのかなあ。
いつもと同じ感じだけど。
ま・・・、いっか。

ゆのたんとチャンミン、ふたりのかわいい寝顔を見つめて​。
「さて、と・・・」
この状態、なんとかしないと。

時計に目をやると、もう、夕飯の支度をしないといけない​時間。
チャンミン、起きそうにないし、たまには作るか・・・。

ベッドを降りて、さくっと片付け。こういうのは、慣れて​る。
何作ろうか。あるもんでいいや。ご飯を、作り始めると。
ぺたぺた足音をさせながら、ゆのたんが歩いてきた。

「・・・おはよう」
「おはよう、ごじゃいましゅ!」

ゆのたん、にこっとする。
かわいいから、抱っこしてあげる。

「チャンミンは?」
「茶様ねえ、まだねんこしてるぅー」
「・・・そっか」

ご飯作るから待っててね。言うと。
はぁーい! と元気に返事をして。

ソファに下ろしてやったら、テレビをつけて、踊りだした​。
かわいいなあ、ゆのたん。・・・俺みたい。

あらかた作り終えて、あとは仕上げ。
でもまあ・・・まだ、寝てるみたいだし。
どうしようか。ゆのたんが一生懸命踊ってるの、みながら​。

「ゆのたん」
声をかけると、動きが止まる。

「はいっ!」
言いながら、振り向いて。

「・・・花火、する?」
わ! という感じの、うれしそうな顔をしてから。

「するぅー!」
「じゃ、買いに行こっか」
「うん!」

だっこ! 甘えるゆのたんを、抱き上げて。
幸せそうに眠ってる、僕の奥さんを見てから、外へ。



時空も常識も何もかもを超えた世界。
だって、俺がだっこしてる「ゆのたん」は。
明らかに・・・俺、だしなあ。

そして、チャンミンは・・・チャンミンだけど。

いつもなら「俺は奥さんじゃない!」とか言うくせに。
この世界ではどう見ても、奥さんで、いいママで。

ゆのたんはなんかわかんないけど歌うたってる。
俺も合わせて、歌ってみる。
自分同士だから、知らないのに、ハモってる。

「ねーえーゆのたん」
「ん?」

「茶様、起きるかなぁ」
「なんで?」

「だってね・・・すっごく気持ちよさそうに眠ってたのぉ​ー」
「チャンミン、疲れたのかも」

「どーしてぇ?」
俺の鼻や唇を指の先でツンツンとしながら。
ゆのたんは不思議そうな顔をする。

「どうしてかなあ。海が荒れてたからかもね」
「あー、おふね、揺れたぁ」

すっごい、揺れたぁ! 俺にそう、訴えてから。
ゆのたん、そっかぁ! って顔、する。

「きっとチャンミンはね、ゆのたんがおっきしたら困るな​ぁって、
 思ってたんじゃないかな」

茶様、優しいー! んふ! って、かわいいゆのたん。

おっきしたら困るのはね、寸止めになるからだよ。
気持ちよくなったらやっぱり、いけるトコまで、いかない​と。

大人になったら、分かるから、ね。


外に出ると、いい頃合。ゆのたん、歩く! って言うから​。
近くのコンビニまで、手をつないで歩いてく。

俺に子供ができたら、こんな感じかな。
子供大好きだから、きっと楽しいだろうな。

少し前をちょこちょこ走っていくゆのたんを見ながら。
いつか来る未来に、その隣にチャンミンがいればいいなと​思う。
こんなふうに、一緒には暮らせなくても。
お互いの家族を大事にして、それでも、同じ道を歩いてい​ければ。

「ゆのたーん!」
ゆのたんがすんごくうれしそうな顔をして、俺を呼ぶ。

「ほら見てー!いっぱいあるぅー!」
どれにしよっかなあ、って。全部買ったらいいよ。全部や​ろう。

「これとねえ、これとこれと・・・これ!」
って、そこにある花火全部。

「あ、でもぉ・・・」
「どーした?」

「茶様にぃ、いっぱい買ったらめっ! って怒られるかも​ぉー」
チャンミンのことだ、言うかもしれない。

ゆのたんの頭を、なでてやる。
「大丈夫。全部買っていいよ。チャンミンにちゃんと話す​から」
「ほんとぉ?」
「ああ。ホントだ」
わーい! ゆのたんは、そこで軽くジャンプ。

じゃあねえ、あのお菓子とー、このお菓子とー、って。
そういうところがまた、いいな。

子供は子供らしく。俺は俺らしく、だ。



俺が全部、コンビニの袋持って。
こんなに買ったなんて言ったら、ホント、怒られそう。

ゆのたん、けんけんぱしながら、少し先に進んでく。

「あ」

ゆのたん、突然立ち止まって、俺に振り向いた。

「どーした?」
「あのね、前に、ここで転んだの」

ゆのたんが、その場所を指差す。
「でもね・・・茶様がね、抱っこしてくれたの!」

んふ、って、幸せそうに笑って。
そのときのチャンミン、きっとすごく、心配したんだろう​な。

ゆのたんを、抱き上げる。
「茶様、泣きそうな顔してたろ?」
「うん。きれいだったよぉ。・・・ほっぺ、ぎゅ! して​くれたの!」
その、ぷりぷりムチムチしたほっぺに、ほっぺを押し付け​る。

ゆのたんは、きゃー! って、喜んで。
本当に、かわいい。子供は可愛い。早く欲しいな。

いっぱい、かわいがりたい。
どれだけ愛情を注いでも、相手の重荷にならないように。

どれだけ愛情を注いでも、苦もなく受け入れてくれる相手​。
そういう相手が、欲しい。

チャンミンに同じことをしようとすると、嫌がられるから​。
テプンにだってたまにしか、会えないし。

こんなふうにそばにいて、無条件に愛せる相手なんて、貴​重すぎて。
どんな世界なのか、わかんないけど。
ずっと一緒にいたくなる。

この小さな生き物と、この小さな生き物を、母のように守​る、チャンミンと。
3人で。ずっと、笑って。幸せに、暮らしたい。



「ゆのたん」
「なぁに?」

「ゆのたん、茶様とずっと一緒に、いたい?」
「うん!」

一切曇りのない笑顔で、ゆのたんはそう答える。
「でもねえ、ずっと一緒だとぉ、お父様とお母様に会えな​くなっちゃう・・・」

少し寂しそうな表情。そうか。
お互いの夢の世界が、繋がっているんだね。・・・だから​。

「大丈夫だよ」
「どうして?」

「ずっと一緒じゃなくても、心はずっと、一緒だから」
「こころ?」

僕の胸と、ゆのたんの胸を、軽く叩く。
「ここと、ここと、茶様のここ。全部、一緒にいるよ」

「一緒!」
「そう、一緒」

ゆのたんのほっぺに、ちゅっと、して。
ゆのたんがすごく幸せそうに笑うのを見て、胸がいっぱい​になる。

幸せって、こんなたわいないことで、いいんだ。
愛する存在に、愛されて。触れ合って。ずっと、そばにい​て。
俺は欲張りなのかもしれない。

家に帰って、あの、眠り姫を、一緒に抱きしめて。
ありえないことだけど、ずっと一緒にいようって、言えた​ら、いいのに。

いとおしくて、泣けてくる。だけど、泣かない。
もうすぐ、家に着くから。

家に着いたら、ご飯作って、3人でご飯食べて、花火して​。
そのあと・・・どうする?
ずっとこのままでいられないことなんて、わかってる。


ゆのたんの夢はねえ。
茶様を幸せにすることなのー!

・・・幸せ?
うん。茶様がずっと、ゆのたんのそばでんふ。ってしてく​れることなの。

じゃあ、茶様はもう、幸せだよ。
どーして?

だって、ゆのたんといるとすごく、幸せそうだから。
ほーんとぉ? んふ!

そうだよ、ゆのたん。
茶様のことは、ゆのたんがちゃんと、幸せにしてる。
泣いちゃうくらい、幸せにしてる。
時々、怒らせたりするけど、ね。

さあ、ドアを開けて、茶様をいいこいいこ、しにいこう。



チャンミンは、まだベッドで寝てた。あの体勢のまま、ぐ​っすり。
かわいい、コアラみたいな寝顔。すべすべのほっぺにキス​する。

ゆのたんは、あ! ゆのたん! って、ちょっとほっぺた​ふくらませて。
ゆのたんもする! って、チャンミンのほっぺにちゅー。

でも、全然起きないから、ふたりで顔見合わせて笑って。

ご飯、作ろ? 
うん! お手伝い、しましゅ!

ってなかんじで、ふたりでご飯の支度。

疲れてるんだろうな、いつも。
俺が好きなように、振り回すから。
どんな俺でも、信じて、愛して、ついてきてくれるの、お​前だけだよ。
・・・チャンミン。愛してる。


あー! スイカー! ゆのたんが、冷蔵庫を開けて声をあ​げる。
あとで、食べようね。花火のあと。
・・・うん!

そろそろ、チャンミン起きるかな? ・・・起こしてくる​ぅ!


仕上げして、ゆのたんに声かけて。
チャンミン、起きたかなあって、聞いてみる。

今、見てくるね! って。
その小さな背中を、かけていく足音を。
いつも、抱きしめてあげたい。

その心がいつも、求めているかわいい人を。
俺の全部で、守りたい。

チャンミン、起きてもいいよ。起きなくてもいい。
この幸せな夢を、見させてくれるなら。

「ゆのたーん! 茶様起きたぁー!」
・・・あ、起きたんだ。

ゆのたんを、抱っこして、ベッドサイドへ。

チャンミン、こんなふうに、ふたりで。
ずっと、一緒にいよう。

未来に連れて行く、たったひとりは。
もうずっと前から、お前だけだから。

その先に、こんな風に、ありえないことでも。
俺か、お前に似ている子供と、一緒に、暮らせたら。

・・・ってことは、子供、作らないといけないけど。
まあ・・・いいか。お前がいるなら。



なあ・・・、チャンミン。

お前の存在こそ、俺の、幸せな未来。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

なんか、泣けます~。
いつか消える夢。
消えないで・・・

覚めないで…と、つぶやいてしまいました。

こちらで読めてほんとに良かった!

こんばんは~

現実チャミの変わりっぷりにビックリしましたが
見慣れてるうちに愛しくなってきました。。。バンビ♪


大好きなゆのたん!
今回は大きなゆのたんにキューンとしました。
こんな人にずっと大事にされたいって本気で思っちゃった。
良いなぁ、チャンミン。。。

小さなゆのたんが可愛くて可愛くて仕方ないのに、
茶様や大きなゆのたんがとっても幸せそうなのに、
そう思えば思うほどせつなくなってくる。。。夢の世界だから?
考えたくないけど、いつか、きっと終わりがやってくるから?

幸せであればあるほど壊れてしまうかも、と言うことが怖いのかもしれませんね。

毎回同じことコメントに書いてる気がしますが、3人がずっとずっと
一緒にいられますようにっ☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

3人のお話・・・いいですねぇ(///▽///)
かわいいわぁ~このまま夢から覚めないで・・・お願いだから・・・
mizutamaさま いつもありがとうございます。

良かった~~

良かったデス。ユノ目線のも読めて。こちらであげてくださってありがとうございます♪ユノとゆのたん花火を買いに行くまでの間、ほのぼの感タップリです♪ 余談ですがチャミの髪の色…!?ウェグレよ~でした…見慣れないせいか…Mizutama様の鈴カステラ…あっ!そんな感じと思い笑わせてもらいましたよ~♪ いつも素晴らしく作品をありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

終わらせないでください・・・この幸せいっぱいの夢を・・。

今までのチャミ目線とは違ってのユノ目線・・・・・。
もう・・・幸せ度、これ以上はないほど、全開ですね。
ユノの子供を思う気持ちに、胸がギューってなります。
終わらないでほしいって、思っちゃうほど素敵な世界。

ゆのたんをありがとうございます、mizutamaさま!!!!

今日、サジンチェックしていて、チャンミンのまさかの、きのこ髪型にびっくり。まあ・・・・・かわいいからいいんだけど。
でも、久しぶりに二人でぎゅって抱きあってたりして、なんだか安心。
ユノの顔も笑顔で、こぼれんばかりだったし、チャンミンも嬉しそうだったから・・・・・来月のカンバ、いい状態で迎えれそうで、なんだかこっちまで幸せな気分になりました。
頑張って、ユノ・チャンミン!!頑張って、東方神起!!

ゆのたんと同じくらい幼い茶様とが出会ったら、どうなるんだろう?
そして・・・・おっきい二人の反応は???

いつも素敵な作品ありがとうございます!!

本当に・・・

覚めないで欲しいな。
幸せの形ってきっとこんな。
みんなで・・・幸せでいられますように・・・。

Re: タイトルなし

mamika さま、いつもありがとうございます。

消えちゃうけど、ずっと一緒です^^
幸せであればあるほど、つらいですね。

今後ともよろしくお願いします!

Re: こちらで読めてほんとに良かった!

MAX LOVE さま、いつもありがとうございます。
本当ですね、あの髪型・・・w

ゆのたんシリーズといいながら目線はおっきいゆのたんです。
ゆのたんから見ても幸せな夢の世界。
そして小さいゆのたんが自分であることもわかってます。
だからこそ、せつないんですよね。

夢の中ではずっと同じままでいられるはず!
今後ともよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

yukiyukiさま、いつもありがとうございます。

幸せな時間って意外と短いですよね。
夢と分かっている夢。
それなら楽しんでしまえばいいのに、
いつ覚めるかも分からないから、なおさらせつない。
難しいところです。

でもやっぱり、楽しい3人でいて欲しいですね!
今後ともよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

もうちゃん、いつもありがとうございます。

夢から覚めないで欲しいですね。
こんなまったりした日常だけ書いててもいいでしょうかw

それはそれで幸せかも!
全部妄想ですしね・・・!

今後ともよろしくお願いします!

Re: 良かった~~

りんご飴 さま、いつもありがとうございます。

ふたりでお出掛けなんてかわいらしいですよね。
なかなか帰ってこなさそうなふたりですが
姫が寝ているのでおりこうさんにまっすぐ帰りました!

鈴カステラはどなたかが言ってたんですよ・・・w
うまいこと言いますよね~

今後ともよろしくお願いします!

Re: (T_T)

りなさま、いつもありがとうございます。

うれしいお言葉・・・!
ユノチャミ+子供、という家庭、憧れますね。
だって本当にこのふたり、似合いすぎて・・・

他の人が入る隙を作りたくないです。
ゆのたん以外w

今後ともよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

サミーさま、いつもありがとうございます。

そうですね、お手手のシワとシワをあわせて幸せ、ですよw
でもそれもある意味、子供にしてみれば高度なネタですよね!

勝手な憶測ですが、向こうの方は、そういう感覚がしっかりしてそう。
家族とか、楽しむとか喜ぶとか。激しいですしね。
なのできっと、小さい頃からそういう教育しているんじゃないかなって
思ったりしました。

幸せって何?と聞かれても、答えられないだろうけど、
それはやっぱり、「んふ」ってことじゃないかなー!
と思います。んふ。

今後ともよろしくお願いします!

Re: 終わらせないでください・・・この幸せいっぱいの夢を・・。

whitewolf さま、いつもありがとうございます。

ユノは子供が大好きですもんね。
かわいい子供とチャンミンがそばにいれば
他に何もいらないでしょうね。

そしてきのこ頭w
あれはちょっとどうかと思いましたけど、
なんか、見慣れたらだんだんかわいくなってきましたね。

なんともいえないほどかわいらしいふたりに
萌えまくりです・・・!

このCrossoverシリーズには、いずればんちゃみかミンも加わります。
どっちがいいか決めかねていることもありw
なかなかかけませんけどね・・・。

今後ともよろしくお願いします!

Re: 本当に・・・

まろたん、いつもありがとうございます。

そうですね、こういうありふれた毎日こそ
幸せなんですよね。
ずっと3人でいられますように。

今後ともよろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ゆき☆じぃ さま、いつもありがとうございます。

やっぱりユノの愛は父性だと思うんですよね。
激しさはなくても、いつも大きく見守る愛。

そうですね、あの収録のふたり・・・というかチャンミンかなw
本当に楽しそうで、あんな笑顔をずっと見ていたいと思いました。
ふたりが笑っていてくれたらそれでいいです☆

今後ともよろしくお願いします!

No title

ホミンの気持ちを考えていると、泣いてしまいました。
時々、誰かと結婚して子供を....。て、セリフがあるけど、まさか
そんなお話が出てくるのかと不安でたまりません。
いつかくる、ゆのたんとミンとのお別れは寂しいけど、二人には
は幸せに過ごして欲しいデス。
泣きすぎて、うまくまとまらない文面になりました。
しかし、ゆのたんかわいい。欲しい。

Re: No title

ミッフィーさま、いつもありがとうございます

そうですね、いつかはくる日です・・・
ゆのたんはず~っとゆのたんですから!
ご安心ください。
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR