FC2ブログ

voice of love

梨をむいてくれと言えば、むいてくれる。
靴を直せと言われながらも、勝手に直してくれる。
俺はお前にいつもしてもらってばかりで、何もしてやってない。

俺だって普通に生活できないわけじゃないんだけど。
多分お前がいるからなんとか、普通に暮らせてるわけで。
たまにひとりになると気づくんだ。

「・・・ん?」
「なんでも、ない」
俺の視線に気付いたお前が、洗濯物を干しながら、振り向くのを。
見て、なんか・・・笑う。


洗濯物を干し終えたら、掃除。
「邪魔ですっ!」て言われながら、ソファで本読んでる。
時々足あげて、やりすごして。
何で手伝わないの? って思われるかもしれないけど。
「余計な仕事増やすな!」って、言われるから。

「チャンミン」
「ん?」
掃除機をかけながら。
「・・・チャンミン」
「はい」

神経質なお前は、隅々までしっかり掃除機かけてる。
俺も一応掃除は、するけど。
こういうまめったいとこが、好きなんだよな。
「・・・チャンミン」
「なんすか」
「・・・チャンミ・・・」
「うるっせーな! なんすか!」
いよいよ掃除機を止めて、イラッとした顔で俺に向き直る。
あーあ、さっきの角度がよかったんだけどなあ・・・。
撫で回したくなる。

「いや・・・、掃除、してて」
「じゃあなんで呼んだ!」
「・・・なんとなく」
掃除機かけながら、あっちこっちユラユラする感じが。
すげえ、そそるから。

なんか、名前呼びたくなったんだよね。そんだけ。
いちいち返事するのが、かわいくて。
「もうちょっとで終わるから、待っとけって」
「・・・終わんなくていいよ」
「はぁ? ・・・ったく」

言いながら、また、掃除機をかける。
ああ・・・いいな。ムズムズする。

ゆっくり、近づいて。
さらっと、触ってみる。
「お!」
「・・・ん?」

掃除機を、止めて。
顔真っ赤にして、振り向いて、殴りかかってくる。
「なんだよ」
「そ、っちこそ、今何した!? お?」
「え? ちょっと、触っただけ」
両手をがっつり、組み合わせて、見つめ合う。

「・・・このエロオヤジ」
「誰が?」
「ヒョンが!」
「・・・なんで?」

きゅっと、腕を引いて、軽くキス。
わ! って顔して、また、赤くなる。
「だから・・・そういう・・・」
「なに?」
「こと、すんな・・・って」
言いながら、照れくさそうに、笑ってる。

顔を近づけると、少しあごを引いて、上目遣い。
その目で、誘ってないなんて・・・言わせない。

「してほしい、くせに」
「誰が」
「あ、足りないか」
言うと、今度は。
そのまま壁に、押し付けられるから。

「・・・だろ?」
じっと、見つめると。
「だからっ・・・」
本当に、恥ずかしそうに、照れくさそうに。
「まだ・・・掃除、終わって、ない」
「やって」
「・・・触んなよ」
「減るもんじゃなし」
「・・・パボ」

言いながら、笑って。
そっちから、唇を重ねてくる。
「・・・待ってて」
「うん」
「待てる?」
「・・・さあな」
待っとけよ、って。
お前はまた、掃除機をかけ始める。

でもやっぱりその、後姿を、見ると。
静かに待ってろって言うほうが・・・無理。

後ろから、抱きついて。
「ちょっ・・・! こらっ!」
「いつも・・・さ」
「ん?」
「ありがとう」

さっきまでちょっと、構えてた体が。
少しだけ、柔らかく、なる。

腰に回した腕に、その腕を、重ねて。
そのまま、掃除機をかけるのに、くっついて。
「待てません、でしたか」
うれしそうに、ククッと笑う。
「はい、待てません、でした」
「どーして?」
「・・・さあ」
背中に、頬をこすりつける。いい匂い。
じわじわ、思う。・・・早く、抱きたい、って。

「まだ、掃除したいところ・・・あるんですよ」
「どこ?」
「ベッド」
「・・・なんで?」

背中に響く、お前の、声。耳に、甘い。
「いつも、ベッドメイクするのに・・・あれでしょ」
言いながら、ベッドに顔を向けて。
「ね?」
俺に顔を、向けて。
「俺、汚すの、得意」
「・・・ですね」

掃除機を、止めて。俺を、見るから。
おとなしく、片付ける。お前は笑いながら、ついてきて。
指を、一本ずつ絡めて。ぎゅっと、握って。

「まったく」
「ん?」
「ひとりに・・・しておけませんね」
「・・・ああ」
「世話の焼ける・・・」
「焼きたいだろ?」
「いーかげん・・・自分で」
また、小言を言う、かわいい唇を。
俺のより、ちょっとだけ大きい、唇を、唇で、軽くふさいで。

「あとは、あっちで聞くから」
ベッドを、顎でしゃくる。
「また・・・」
汚す、と言いながら、ニヤつくお前を。
好きなくせに。思いながら。

俺の方が・・・好きだよ。
しゃべるときの声も、歌うときの声も、ささやきだって、すべて・・・好きだけど。

今夜はどんな声で、啼いてくれる?

俺は、お前の声が、好きだ。
お前と俺の体で、愛し合うときの、声が。

・・・さあ。

いらないものは、全部、脱いで。
溶け合う肌。

今夜も、熱い闇と、甘い声に・・・溺れる。
お前と、ふたり。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。
前のお話といい、このお話といい、んもぉお~~♪
両手グーお口の前にしてうっしっしぃ❤です!
さらりと男前にミンへの愛を惜しまないユノに撃沈!
・・アカン、ユノってほんと、おっとこまえ!!
mizutama様、とっても美味しく頂きました、
ごちそう様です ンフ♪

きおしゃん!すごくイイ!
は~ステキすぎて泣けてくるわ(T_T)
ホントきおしゃん二人のお部屋のぞいてるんじゃ??
その位リアルな空気感…

直接的な表現が少なくても、すごくすごくセクシーなの。
さすがきおワールド!

うふふ

ナンとも 普段の二人を見ているみたいな感じに 萌萌しちゃいましたぁ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おいしかったです

極上のスイーツ、で検索したら
このページが表示されそうーーー!

それ位甘くて・・おいしくて・・綺麗で・・
いいなああああーーーーーー

美しい二人があまーーーいスイーツになるのは
大好きです!!
このあとどうやってどうするのかもみたいんだけどなあああ

秋の甘甘祭り、はじまりました~

隊長、立て続けに甘いのありがとうございます!

ホミンちゃんはこうでなくっちゃ。
今夜はどんな声で、啼いちゃうの?きゃー。
ちゃみたん、腹筋鍛えてるし声量あるからとっても大きな声なんじゃ・・・
お隣さんに聞こえてしまうんじゃないかしら~心配だわぁ。
ご近所のワンコがつられて遠吠えするくらい、ちゃみたんを啼かせてください!!

秋の夜長の甘甘祭り開催中。わーい。

やっぱりコレ

やっぱりコレでなくては安心出来ない~!!
私的に2人の別居+チャミ、スジュの合宿と同じマンション買う+2年前ギュとチャミのキス写真でかなり凹んでいました やっぱりギュじゃなくてユノとがいいなぁ~♪
お話の中でもイチャイチャしてくれたら言いようのない安定感が…
Mizutama様良いお話しをありがとう♪(ρ_;)

Re: タイトルなし

hirosabuさま、いつもありがとうございます。

ぐふふ・・・!
あの感じ、チャミっぽいなと思いまして。
そしてユノはやっぱり、かっこいいほうが好き!
かわいいのはわかってるから・・・んふ。

今後ともよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

kotaさま、いつもありがとうございます。

千里眼と読んでくださいw
あんまり直接的に書かないように気をつけてはいます。
ただ、書きたくなっちゃうんですけどね。
難しいところ・・・!

今後ともよろしくお願いします!

Re: うふふ

おりつさま、いつもありがとうございます。

普段の二人、みたいですね。
どんな感じにイチャコラしてるのかなー。

今後ともよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

ゆき☆じぃ さま、いつもありがとうございます、

そうですね、でかいふたりがいちゃいちゃ・・・!
こういうの、本当に新婚さんみたいですね。
何もなくてもいちゃいちゃしたくなる・・・w

今後ともよろしくお願いします!

Re: おいしかったです

センイルさま、いつもありがとうございます。

ぐふふ・・・ぐふふ・・・!
このあとどうやってするのか・・・
いつもと同じように、ですよ^^

きゃーやらしーーー

今後ともよろしくお願いします!

Re: 秋の甘甘祭り、はじまりました~

きのちん、いつもありがとうございます。

腹筋鍛えてますけどそこは押さえてこそ・・・w
押さえて押さえてわずかに「漏れる」から「萌える」んですよ^^
なのでそんな雄たけびはいけません・・・w

また甘甘書きますね!
今後ともよろしくお願いします。

Re: やっぱりコレ

りんご飴 さま、いつもありがとうございます。

そうですね、やっぱりラブラブがいいですよね。
ギュはどうしても・・・ネタとしてもってきたくなるだけで
根本的には敵です・・・w

今後ともよろしくお願いします!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR