【Ameba救済】Falling you 106

久しぶりのチャンミンさんの家。料理も、ケーキも、イチゴまであった。
「これ・・・」
「うん、今日誕生日でしょ? 明日でも食べよう。イチゴは今食べてもいいよ」
「おっきなイチゴですね」
「ああ。大将がわざわざ取り寄せてくれたんだ。ユノを呼ぶって言ったら」
「お礼・・・しないと」
「大丈夫。俺がちゃんとしておいたから」
チャンミンさんが俺を、子供をなだめるように撫でてくれる。
なんだか幸せな気分で、それを受け入れた。

「お風呂は・・・」
「入ってきました、家で」
「じゃあ、寝ようか。俺もシャワーは浴びたから、このまま寝られる」
眠かったから、助かった。俺のために用意してくれた下着と、パジャマ。
下着は綺麗だったけど、せっかくだから替えさせてもらう。
ベッドに寝転がって手をつなぐと、頬にキスしてくれた。
チャンミンさんが何を求めているかは、わかっているから。

眠そうなユンホたん。服だけ着替えさせて、早々にベッドに入る。
寝かせてあげたいけど、俺も息子も辛抱たまらん。
手をつないで、頬にキスをしながら様子を伺うと。
ユンホたんが俺をエロい目で見つめて、唇にキスしてくれる。
じっと見つめて、キスをする。

よほど具合が悪くない限りは、本当に普通の生活で。
だから、体も。
あなたといると俺は、欲情する。
俺のキスにチャンミンさんはものすごく喜んで、激しく舌を絡めてくる。
体の奥から、あなたを感じて熱くなる。

下着を脱がされ、足を絡めながらのキス。
首筋から胸へと、あなたの舌が這っていく。
感じる声は自分の声じゃないみたいに聞こえて、恥ずかしい。
好きだよ、ユノ、と、あなたの囁きが耳に温かい。

俺の体のあちこちに吸い付きながら、下がっていくあなたは。
本当に俺を愛してくれているんだと思った。
だから、我慢しないで、体いっぱいあなたを感じよう。恥ずかしがる、声も。
あなたが求めているなら、たくさん聞かせてあげる。

その口に含まれて俺はもう一瞬の猶予もないほど感じて。
心許なくシーツをつかみ愛撫されるまま声を上げる。
濡れた音が響き渡る部屋の中で。
咄嗟に口を押え声をこらえた。
それでも、漏れる。

あなたの口の中で、爆ぜて。
行きつく暇もなくあなたは俺の足を割り開く。
ユノ、愛してる。待ちわびたあなたの大好きなものが。
俺の体を、貫いてく。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Eyes, lips, in your arms 68

ご奉仕するから、もう1回チャレンジさせて? って甘えて。
ここぞとばかりに触りまくる。

ご奉仕という名の全身愛撫。泡だらけの体をこすりつけて。
手であっちこっち洗いまくる。
「感じる? ・・・なぁ」
胸やらあっちやらを手でこすりまくると。
さすがのヒョンも感じてるっぽい。だけど我慢してる。
ああ、かわいくねえ。そんですっげえ、かわいい。

「俺のはこっちで洗ってもらうからぁー」
そっちを手でなでなでしつつ、指を入れたりしたら。
ヒョン、なんとかかわそうとしてる。ぜってー逃がさない。
「いーじゃん、もうちょっとしたいから」

ヒョンだって俺が可愛くてしょうがないんだろう。
本気で嫌なら逃げることだってできるんだから。

マットに転がして指を入れると。
押さえた口からも声が漏れるのが分かる。
「すっげえじゃんヒョン、順応性たっかー」
「じゅっ・・・ん、のうなんか・・・っ、あ、してない・・・っ」
あああ・・・可愛い・・・!
この、感じてないもんっ。て態度しながらめっちゃエロい顔で喘ぐのたまんねえ。
普段のカッコいいスーツ姿のユノヒョンに。
こんな格好させて、こんなエロいことしてるなんて。
仕事中も我慢できなさそうで怖くなる。

「実はちょっとねー、研究しちゃったんだー」
ヒョンが眠った後、なんとなく目が覚めてスマホで検索。男の愛し方。
どのへんをどうつつけば感じるか、どう攻めればいいか。
これからもっともっと俺を感じてもらうために、ヒョンを味わうために。
大切なのは開発です・・・!


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 73

自分の声じゃないみたいだ。

「シム・・・、頼む」
「・・・何を?」
野卑な笑みを浮かべる唇。
「お前、が・・・、欲しい」
「俺の、何を?」
俺の足を、広げながら。
シムはいたぶるように言う。
「・・・っ、わかってる、んだろ?」
「ああ。・・・だから言えってば」
どうして、いつもこうお前のペースに。
はめられなきゃなんねえんだ。お前のほうがやりたいくせに。
俺はさっきも言ったとおり、そう何回もやられちゃたまんねえんだよ。
・・・なのに。・・・だけど。

「挿れて・・・くれ」
「何を?」
「お前の、を」
「ふぅん。・・・どこに?」
シムは見下すような目で俺の太ももあたりに、それを。
押し付けて。
「ほら、どこ? 自分で腰動かせよ、ユノ」
思わず舌打ちする。腕を縛られた挙句にこれだ。
かすかに腰を動かすと、シムはうれしそうな声で。
「ここ? 欲しいんなら・・・言えよ。挿れて、って」
言いたくない。言いたくない、だけど。
そこに突き入れられる快感を、蜜の味を俺はもう、知ってる。

小さくつぶやくのを、シムに咎められて。
挿れてくれ、とはっきり口に出せば。

シムは少しずつ俺を押し開いてく。浅く、ゆっくりと前後に動かしてから。
俺の名を呼び、しきりに「いい」とつぶやきながら。
その動きを早めていく。

切れ切れに続く、声は獣のようで。
腰を抱かれながら、胸に吸い付かれながら何度も絶頂に達する。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】笑顔の期限 161

俺のを飲み干す白い喉。噛みつきたいほど、色っぽく。
ユンホたんは俺を、誘う目で見上げる。
「欲しい? ・・・ユノ」
濡れた唇のまま。
甘えるようにうなずく、ユンホたん。
はぁあああああ押し倒してええええ・・・!
「じゃあ・・・今ここで俺の上に乗って」
「・・・え」
ユンホたんを立たせ、パジャマのズボンを軽くずり下げる。
もう、しっかり引っかかっててそれ以上は下がらない。
じっと見つめて、グッとズボンを下げて。
トランクスの穴から、先端だけ指先で引っ張り出す。

感じるんだろう、ユンホたんは体をビクつかせて。
でももっと触って欲しそうに心なしか腰を前に出してる気がする。
つるつるしたその部分を、撫でながら。
ユンホたんがどう動くかを待つ。
「挿れたいなら・・・滑りやすくする準備も、しないとね」

ユンホたんは、恥ずかしそうにうなずいてベッドルームへ向かう。
いつものじゃなくて、もっと激しくしたいときに使うオイルを。
知ってか知らずか、持ってきた。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

ああーん
育てた甲斐あるぅう・・・!

とりあえず1個目飛んだね!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】笑顔の期限 160

キッチンの椅子に足を広げて座ってる。
見下ろすと俺の股間に顔をうずめるユンホたん。

思惑通り興奮してるユンホたんは。
いつにも増して激しく俺をしゃぶってくれる。
疲れて帰ってユンホたんが家にいてくれるだけでもうれしいのに。
バックハグで甘えてくれた上におとなしくしゃぶってくださるなんてもう・・・!
んっ、んっ、と言いながら一生懸命前後するユンホたんを。
すげえ興奮しながら、見てた。

その髪に指を差し入れながら。
「ユノ、すごく上手だね。・・・気持ちいいよ」
俺を咥えたまま目だけで俺を見上げる。
ああん、ずっきゅぅううん・・・! かわいいぃいい・・・!
「もっといっぱいしゃぶって。久しぶりだから・・・、もうちょっと愉しみたいんだ」
軽く頷くユンホたん。その動きさえ俺を刺激する。

俺の太ももに置いた手に指を絡めて。
もう片方の手で髪を撫で頭を動かす。
前に比べたら、俺を焦らすのも上手になった。
何より、最初からそっちのテクニックはかなりのもんだったけど。

1回抜いとかないと、ゆっくり味わえないな。思って、ユンホたんの。
頭を強引に前後に動かす。
ユノ、このまま・・・いい? 聞けば。
動きを止めて、頷くから。

何度もその名前を、呼びながら。
体の奥に出すより先に喉の奥に、注ぎ込む。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 72

やめ、ろ。言いながら。
与えられる快感に、酔っていた。ひとしきり舐められたあと、俺を見るシムに。
照れくさく顔を背ける。
「ああ、もう・・・たまんねえな」

シムがその手で俺を、下から上になぞる。
ふーっと息を吹きかけてから、俺に確かめるように。
「しゃぶってやるよ。そしたら・・・俺のも奥まで咥えて」
俺の足を開かせる。
「ココで・・・、ね」

曲げた腕で胸を隠すようにして。
手の甲を口元にあてて声をこらえる。
お前は耳を覆いたくなるほど音を立て俺を愛撫してる。
でも、だからこそ余計感じるのは事実で。

反応してしまう体はお前を興奮させ、悦ばせる。
屈辱と快感、そのどちらも俺をさらに狂わせてく。我慢しようとすればするほど。
お前はわざと俺に声を上げさせようと激しく動くんだ。
「シム・・・っ、ダメだ・・・、っ」
あと何回かで、もう。
イッちまう。シムはゆっくりと口を放して、俺のを指先でつつきながら、言う。
「ホントだ。・・・もう、我慢できなそう」
シムは、俺の上に跨って立て膝になる。目の前に。
「ほら・・・、俺も限界なんすよ。わかるでしょ?」
シムが、同じくらい怒張してる。思わず生唾を呑み込んだ。

挿れて欲しい? ユノ。・・・言えよ、俺が欲しいって。
俺が好きなら・・・言えるはずだろ?


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村




テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

新妻ごっこ(プレイ編)

頭の中のシチュエーションとしては。
若さにかまけてやりまくり気づけば妊娠していたできちゃった結婚設定。
新婚生活を楽しむ間もなく奥さんは生まれてきた子どもの世話にかかりきり。
当然俺のおっぱいも子どもに奪われる。俺のなのに。
しかも女の子ならまだしも男の子。かわいいと言えどもライバル。

最愛の妻は産後の疲れもあって若干やつれつつ。
でも肌はすべすべだしおっぱいパンパンだし見れば見るほどやりたくなるのに手も触れさせてくれない。
産後一か月くらいは仕方ない手コキもお口も我慢して子どもがおっぱい吸ってるのを横目で恨みがましく見てたら。
「やらしい目で見ないでッ」とか「忙しいんだからあっちいって!」なんて疎外されまくり。
ああなんてかわいそうな俺。

だけど、そろそろやらせてくんないかなあーって、日頃のねぎらいの意味を込めてバラの花束と。
花よりイチゴだからイチゴもたらふく食わせる。
もちろん子供の世話も朝から晩まで見てゆっくり奥さんを休ませてあげて、の。
夜・・・!
これはもう期待しますよね・・・!(注:すべて妄想です)

脳内設定ばっちりなんであとはユノが黙ってかぶせパジャマ着ればいいわけで。
グズグズ言いながらもユノはおとなしくパジャマを着てベッドへ。
まあ、マジでいやがられてるわけじゃねえ、どうせユノだ、有無を言わさず突っ込んだる。

美しい寝顔を晒すユノ。こういう寝顔の時は、あんまり熟睡してない。
ヘタすると白目剥くから、よかった、まだ熟睡してなくて。
かぶせパジャマの何がいいって、ま、トレーナーなんかでも同じなんだけど、顔を隠したうえで手まで一度に拘束できること。
顔は隠したいわけじゃないけど目隠しと同じ気分でね。
目隠しはこれまた別の日にやるけどね。目隠しと手首拘束。

ゆっくりベッドに忍び込んで。
「ん・・・」
寝てんのか起きてんのかわかんないけどたぬき寝入りかなこいつ。
上に乗ろうと思ったら寝返りうちやがって・・・!
パジャマをめくる。真っ白なタンクトップ。もちろんピッチピチ。
うっすら透ける乳首がエロさ倍増。

ユノ、布の上から刺激するの好きなんだよなあ・・・。
俺、舐めるほうが好きなんだけど、ユノ的にはこの布一枚隔てた感触がいいんだろうなあ・・・。
こいつも大概好きもんだぜ。
思いながら、シャツの上からうっすら浮き出る乳首をちょんちょんつつくと。
もう、ちんまり立っている。
指先でピンピン左右にこすると、それだけでもうユノは体をくねらす。
ずえええったい起きてやがるし。

「ねえユノ、俺ずーっと我慢してたよ、この一か月おっぱいも触らなかったし揉まなかったし挿入もしなかった」
「うっそ・・・、言え」
うん嘘。今朝もヤッたし。だからシチュエーションプレイだってば。
「もうね・・・俺毎晩自分で慰めるの寂しいの」
「おま・・・、よく、言うな」
無論ずーっと左右交互にピンピンピンピンしながらしゃべってます。
ユノ、時々あっ、とかうっ、とか、ああんとか言いながら返事してます。
「このおっぱいも俺んのじゃん、子どもにばっか吸わせてずりいじゃん」
「い・・・つ、俺、生んだ?」
「もうたぶん3人は軽く生んでるね。で、そろそろ俺にも吸わせて欲しいわけ」
「もっ・・・、ちゃん、みん・・・っ」

がばあっとめくって顔と腕がいっぺんにバンザーイになってる状態で。
乳首舐めてしゃぶって吸って、出るわけねえのに気分的になんか出てる感じまでする俺って変態。
袋状態になってるパジャマの裾をユノの頭の上で片手で固定して、手首ネクタイで縛る。
脇毛に顔うずめたり舐めたりしてユノをひゃあああああと言わせながら下を脱がしてく。
「なんだよこんななってんじゃん」
もう汁垂れてるし。下から舐め上げると。
はあ・・・っ。鼻から抜けるユノの甘い声。
ああーもーたまんねえんだよなこれ。
「パンツも濡れてたよ? 俺のこと考えながらいじっちゃってた? ・・・なあ」
服がかぶさってるから、声がこもってる。
「ちっ・・・がうっ・・・て」
「違わないだろ? 早く俺のが欲しくて自分でこすってたんだろ? 認めろよ」
「し、ない・・・って、そんなの」
「もーかわいいんだからぁ。言ってくれればすぐ抱いてあげるのに。ユノが欲しいの根元までずっぽり挿れてあげちゃうんだから」
「このっ・・・ヘン、タイ・・・っ」
「だから好きなんだろ? 俺も早くお前に挿れてあげたいよ。欲しいんだろ?」
「い、るか・・・っ、お前、いい加減に・・・」
ぱくっと、しゃぶると。
ユノ、おっきくしながらふにゃふにゃ。

がっつがっつしゃぶりながら指で攻めると。
ユノはたまらず声を上げる。
その、甘えた声をしっかり聞きたくて、首から出そうとすると。
髪が逆立った状態のユノの顔に、笑う。
「な・・・に、笑ってんだよ」
「だってかわいいんだもん。子どもか!」
頭がでかくて服が脱げない子供みたい。ユノに関してはすっぽり抜けそうだけど。
腕、縛ってるから脱ぎにくくなってる。もちろん頭しか抜かせない。
顔、赤くしてるのは、服の中でさんざん喘いでたからだろう。
そういう顔もすげえ、たまんねえんだ。
腹の上、跨って鼻にキス。
ケツのあたりにお前の硬いの感じつつ。
素股してやってもいいけど俺が挿れたいんだもん。やっぱ無理。
足がっつり抱え上げて、挿入ー!

「ユノ、ほら、挿れたよ。お前が大好きなの」
「うっる、さい・・・っ、あ・・・」
お前の我慢汁とホットローションでトロットロにして。
一気に突っ込んだからきもちいはず。
「ああ、久しぶり、すげえいい、やっぱサイコー」
「け、さ・・・も」
「うん。ママ、すげえ締まるよ、もっと締めて」
「ママって・・・誰だ」
「プレイプレイ。おっぱいも前よりおっきくなったね」
わしわし揉みながら腰を動かす。ユノのがぐいんぐいん、体の間で動く。
「も、やめろって、その」
「ネタ? ああ、プレイプレイ。やっぱユノのおっぱい揉み心地いいわ、たまんね」
くっ、そ。ユノは悔しそうにつぶやきつつ、悶える。白い肌がどんどんピンク色に染まって。
エロい唇から絶え間なく零れる声。イイだろ? 聞けば、イイ、と呻き。
もっと? と聞けば、唇を噛んでから、絞り出すようにもっとと、言う。
素直じゃねえんだから。腰を浅く動かせば、自分から腰を浮かせて俺を咥え込もうとする。
奥まで挿れてって言えよ。俺の言葉に、ユノは顔をしかめてから。
もっとだ、ああ。甘えた声で、言う。

「もっとどーして欲しーの?」
「もっ・・・と、あ・・・っ、挿れ・・・」
「いれ? 何を? どこに?」
「くっ・・・。いわ、なく・・・ても、わかる・・・だろうがッ」
キレられる。・・・言わせたいんだよねえ。
「言ってくんなきゃワカンナーイ。俺のもっと欲しいんだろ? ユノ」
「ああ、ああ・・・っ、もっ・・・と、欲しい」
「何が?」
「お前の・・・、が」
「どんくらい? こんくらいでいいの?」
浅く突くと、それでも悶えるけど。
もっと深いほうが、もっときもちいの、知ってるから。
「もっ・・・と、奥・・・、まで」
「奥まで?」
「いっ・・・、挿れて・・・くれ、・・・っ」
もっと言わせたいけどな。あんまりしつこいとダレるからな、ユノ。
「わかった。もーママったら激しいなあ。うれしいな、俺」

はい、ユノの大好きなの、奥までぶち込んであげる。
しっかり咥えろよ。

ガンガン腰を打ち付けてユノを啼かせ。
気が遠くなりそうなくらい動いたわ、俺。
また赤ちゃんできちゃうかもしんない。きっと今夜から毎晩エッチできるぞ。
右手とよりを戻した日々とも今夜でおさらばだな・・・。

ユノん中でいっぱい出したけど。
そうだ、思い返してみれば今朝もヤッたわ。
汗と愛液でベッタベタ。それでも俺は大満足。
ユノはイキすぎたのかヨダレ垂らして寝てる。そんな姿も。
チョーいとおしい。

汗かいてる脇毛にまた顔をうずめたら。
びくっと体を震わせてユノが目を覚ます。
腕がまだ縛られててどうにもできないのを悔しがって。
「早く、解け」って怒るけど、ほどかないもーん。

だって俺もう1回戦できそうなくらい復活してきたし。
それもこれもユノがエロすぎるから悪いんだし。
つんつんと軽く腰を揺らしたら。
「もう、寝かせろ」って、ヤラレたいくせにそんなこと言うんだもんなー。

「言ったじゃん、寝かせないって」
「お前に付き合ってたら身が持たない」
「いーよマグロで。俺頑張るから。ね?」
「・・・ね? じゃねえし」

呆れてため息ついてるけど、ちょっとだけうれしそうな顔したの、見逃さないから。
新妻、久々の一発で満足したっぽいけど、旦那全然満足できませんから。むしろもっとやりたくなりました。
つるっと抜いて、ユノを安心させ。
ころっと転がして、腰を引き上げる。
「お前・・・」
「うん! 2回戦」

馬鹿、やめろ。言ったってさ。
腕縛られたまま四つん這いでケツ突きだしてちゃ説得力ないから。

綺麗な白いケツに、噛みついて。
わしっと、割り広げて、綺麗に綺麗に拭き上げて。
2回戦、スタートです・・・!






--------------------

新妻ごっこのプレイ編です。
のプレイ編です。
うちのチャンミンが変態なのか私が変態なのか・・・
いや、チャンミンですよね・・・!

2015-11-18 awake/UMにて掲載

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Falling you 82

「もっと・・・声出してよかったのに」
「だって・・・こんな、こと」
「バレっこないよ。俺たちがこんな関係だなんて・・・誰も知らないんだから」

少しずつ奥まで入り込んでくるそれは。
どうやらもうすべて俺の中に入っているらしい。圧迫感で吐きそうになる。
でも、それ以上に深い快感は、こうすることでしか味わえないのだろう。
人間の体って、不思議だ。

「こんなところで・・・しちゃいけないこと、してる」
「は、い・・・」
「でも、やめないよ。だって・・・もっと欲しい、だろ?」
言いながら突き上げる。痛みと快感が同時に押し寄せる。
今はまだ痛みのほうが強い、けど。
「ずっとこうしてて・・・いい?」
「ダメ・・・です」
背中をスッと撫でられて。
それでなくても感じすぎている体は、余計敏感になる。
体を震わせる動きは、チャンミンさんを興奮させている、らしい。
「どうして?」
「だって・・・、もう」

その手が俺のに伸びてきた。下から上に擦られて。
声を上げると、チャンミンさんが俺の手をそこに導く。
「自分で気持ちよくして、ユノ」

ああ、意地悪だ、あなたは。

突き上げられ、自分で擦りながら。
頭が混乱しそうになった瞬間、同じタイミングで、達した。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 63

「・・・っ、あ」
シムが俺の顔色を伺うように、それを。
押し込んでくる。石鹸のせいで、滑りがよすぎるのか、さっき指を入れられたせいか。
「あ、さっきより入る」
上ずった声。なんで俺、こんなことされてんだ。
やっべえ、もうイッちゃいそー。言いながら、シムが。
腰を前後に動かし始めた。

もちろん、全部が全部入ってるわけじゃない。ただ、少しずつ少しずつ俺を。
押し開いてる、気がする。そしてそれがまた。
何とも言えない気持ちよさ。
声が漏れるのが悔しくて、口に手を当て声を我慢しようとすると、シムが動きを止めた。
「手組んで」
ん? と思いながらも、手を組む。
「頭の後ろに置いて」
腹筋するときみたいに、頭の後ろに組んだ手を頭の後ろに置いたら。
「ん、いい体勢」
胸を反らすように壁に斜めに押し付けられる。シムはニヤリと笑って。
俺の胸に吸い付きながら、満足そうに腰を動かし始めた。

全部入んねえけど・・・ダメだ、イッちゃうよ、ヒョン。
すっ・・・げえ、いい。ため息混じりにシムは言って。
口には出せないけど俺も、イッちまいそうだ。恥も外聞もなく声を上げ。
好きだ、ユノ。俺に抱きついて、果てる。同じタイミングで、俺も。
お前の腹を濡らした。


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】笑顔の期限 145

ああ、久しぶりのこの感触。
俺以外誰にも抱かれてないはずだ。きつく締めつけるこの体。ああ、たまらん。
グッと奥まで押し込んだら、ユンホたんが。
本当にいい声で啼く。

久しぶりなのに、痛くしてごめんね。
激しくしてごめんね。でも、たまんないのぅ・・・!
ユンホたんは苦しそうな顔で喘ぐ。その顔がこれまたすんごくエロくて。
「・・・痛い?」
首を横に振る。幸せそうに、微笑んで。
「すごく・・・気持ちいい、です」
うわ。すげえ・・・うれしい・・・!
「ホントに?」
腰を突き上げながら、聞くと。
ユンホたんはのけぞって声を上げる。はい、とかすれた声。
「好きって言って、ユノ。俺のこと・・・愛してるって」
「チャンミン、さん・・・、好き、です」
腰を揺らしながら。ああ、君をめちゃくちゃにしたい。壊したい。
君を全部、俺だけのものにしたい。
「愛してる?」
「・・・愛、して・・・ます」

このまま、繋がったまま死んだら。
君の両親は悲しむだろうか。俺の両親はどう思うだろう。
フッと、そんな考えが浮かんだ。でも、俺は。
君を手放すつもりはないんだ。どんな状況になったとしても。

君の中で今までの想いをたっぷりと吐き出しながら。
この体を、君自身を、俺はずっと、離さない。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


 



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR