【Ameba救済】déjà-vu 92

夢中で、スビンさんを。
愛撫する。俺にできることはこれだけ。
上手だね、スンホ。頭を動かしながら。
スビンさんの声が、一瞬、違う人に聞こえた。

咄嗟に、口を離す。スビンさんは夢から覚めたように。
ゆっくりと目を、開けて。
「スンホ、こっちへ」
いつの間にか呼び捨てにされていると。
気付いても嫌な気持ちはしなかった。

仰向けに寝転がされて。
緊張、する。俺は。
どうなってしまうんだろう。

スビンさんは悠然と微笑む。
「もう、こんなになってる」
俺のに、手を添えて。
恥ずかしさで体中が熱くなる。

さっきと同じように、俺のを、しゃぶって。
腰が浮くような快感の途中で、名残惜しそうに口を離した。
「・・・欲しい?」
どういう意味か、測りかねて。
でも、このままじゃ終われない。

頷くと、スビンさんは。
「本当に可愛いな、君は」
言いながら、俺の上に覆いかぶさるようにして。

「あ」
少しずつ。
俺の上に腰を、沈めてく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameb救済】コーヒーと梅ヶ枝餅 140

■SIDE-U

もっとしたい、挿れて欲しいって、言われたから。
挑戦してみたけど。
やっぱり、無理だった。いきなり上になってって言ったのが悪かったかな。
だって顔が見たかったんだもん。

よくよく考えたら、女の子じゃないんだし。
穴があるからって、入るわけがなかった。
筋肉だしなあ。
今度ゆっくり準備しようねって言えば。
痛そうな顔のままうっすら微笑む。
痛かったんだろうな、俺経験ないからわかんないけど。

チャンミン、初めてって言うしさ。
なんか興奮しちゃったんだ。

痛い思いさせちゃったわけだし。
俺もこの興奮をどうにかしたかったってのもあって。
気持ちよくしてあげる。言って、チャンミンにお伺いを立てると。
引いてる感じだった。でも、今さら。

チャンミンのを握って、自分のみたいに。
いっぱい、気持ちよくしてあげる。じらしたかったけど。
疲れちゃうよね。だから。

興奮するチャンミンが俺にしがみついて声を上げるのを。
なんだかすごくうれしく思いながら、刺激する。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村  

【Ameba救済】LAPIS LAZULI 42

ドアを開け、帰る振りをして。
玄関先で息を殺す。部屋の奥では、もう。
羨ましいほどいやらしい音が響き渡る。

夢中になっているのだろう、俺が部屋を覗いても。
気付かない。ベッドの下には、脱ぎ散らかされた服。
ベッドの上で転がりながら繰り返されるキス。
俺もあなたとそんなキスが、したい。

「それにしても、なんで?」
キスをやめて、シウォンさんが言う。
「そんなに気に入っちゃったんだ、あの子」
ユノは答えない。俺のこと? だとしたらうれしい。・・・でも。
そんなはずが、ない。
「言わないってことは、本気なんだ」
「違います」
「いーんだよぉ、照れなくても。血相変えてきたくせに、可愛くないなあ」

期待したい俺が、いる。あの人を本気にさせたのが。
俺だって。もしそうなら。

身を挺して俺を守るつもりなんだろうか。・・・守る?
それなら、やっぱり。
「ま、いっかあ、なんだって。お前を抱けるならな」

あなたの、白い太ももが。
男に、抱え上げられる。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】LAPIS LAZULI 39

羞恥と快感で頭が真っ白になりながら。
逃げようにも逃げられず、もうどうにでもなれと、思った。
スマホの着信を知らせる振動に、我に返る。

シウォンさんが俺から離れ、舌打ちをしてスマホを手にする。
「・・・うん。今取り込み中」
俺を見て、冷たく視線をそらす。
「ヤッたんだろ? もう」
電話の相手は、ユノだと。
確信した。なんて答えるのか、聞くのが怖い。
「なあ、俺にくれよ。こいつ」
言って俺のを下から上に扱きあげて。
あ。思わず漏れる声を、拾われた。

いきなり、スマホを渡されて。
しゃべろってこと? シウォンさんを見るけど、無視して俺のを触ってる。
「あ・・・、の」
「わかってるよな?」
電話をしている間も、ずっと。
扱かれてキスされて、挙句の果てに。
「・・・っ」
しゃぶり、つかれて。
「返事は」
わざと音を立てて吸い上げられ、声も出せないでいる俺に。

満足そうに舌なめずりしたシウォンさんが。
「来いよ、ユノ。3人でやろうぜ」
電話の向こうに聞こえるように言ってから、俺の唇にキスした。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】always be mine ~いつも俺のものでいて~ 81

■yoonho

 この目に見つめられると。
 すべてどうでもよくなる。だからいけないんだ。そばにいてくれるなら。
 お前が俺のそばで笑っていてくれるなら、他に望むものなど何もない。

 口づけを何度も、繰り返す。別々の体で生まれたから愛し合える。
 わかっていても離れているのがつらい。同じ体を切り裂かれたように。
 お前を体ごとすべて、自分のものにしてしまいたい。

 濡れた服を脱がせあって生まれたままの姿で。
 何度も唇を貪って互いの体に唇を這わせる。

 シャワーの熱と欲情にかられて。
「・・・チャンミン」
 目で訴える。お前が欲しいと。
 二度と戻れなくなると知りながら。 
 
 潤んだ目で俺を見つめ返すお前が。
 本当に愛しい。同じ過ちを繰り返すのだとしても。

 もう誰にも、渡したくない。

 壁に手をついて俺に背を向けるお前の、引き締まった臀部を。
 腰骨に手をかけ引き寄せる。

 二度と抱くことなど叶わないと思ったお前の体。
 少しずつその、中へ。 


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】always be mine ~いつも俺のものでいて~ 80

■Changmin

 何度も唇を重ねる。ただ慈しみ合うようなキスが、だんだん。
 激しいキスに変わってく。あなたが好きだ、好きだ。
 時々唇を離して見つめ合って、またキスを繰り返す。
 
 服を脱がせあって、バスルームで。
 しっとりと抱き合いながらシャワーを浴びる。

 シャワーの熱さに、のぼせてるのか。
 あなたとの口づけに酔ってるのか。

 もう立っていられないほど、あなたが欲しくて。
 疼く体を、どうすることもできなかった。

「・・・チャンミン」
 口づけの合間の、あなたの目が。
 同じ欲望を伝えてる。
 そっと頷いて、体を預ける。

 壁に手をついて、足を少し開いて。
 あなたの指が腰骨に引っかかるように添えられるのに、ゾクゾクしながら。

 もう、ずっと。
「・・・っ、・・・あ、っ」
 あなたが、欲しかった。


 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】LAPIS LAZULI 23

髪を掴まれたまま。
スマホを取るため手を伸ばすあなたの動きに従う。
「・・・もしもし。・・・ああ」
声の振動さえ、感じる。
口にいっぱいあなたを含みながら。

「ああ、いるよ。・・・今」
髪を掴んだまま俺の頭を前後させて。
二度目のあなたの味にはまだ慣れない。
「俺が借りてたんだ。それを取りに・・・、ああ」
普通の返事でさえ、感じているのかと思わせる吐息混じりな。
あなたの声に疼く下半身。
「怒ってないよ、別に」
俺に住所を教えたことを謝ってるんだろう。スマホの向こうの男に優しいあなたに。
嫉妬してつい、歯を立てる。

グッと髪を引っ張られ目線を上げると。
眉根を寄せ俺を睨むあなたと目が合った。
髪が離されたことに気付いた瞬間頬をぶたれる。

それでも食らいついて離れないのはあなたが好きだからで。
あなたに満足してほしいから。

澄ました明るい声で電話を切った後。
スマホをベッドに放り投げ俺の頭を両手でつかんで激しく前後させる。
喉の奥まで突っ込まれ吐きそうになる俺を無視して繰り返されるそれは。
あなたの、耳に甘い吐息を連れてくる。
出るぞ、飲めよ。かすれた低い声に朦朧として頷いた気がする。
熱い液体が喉を打ち付けた直後強烈な匂いと吐き気に我慢できず。
足元に吐いた。吐ききった後、蹴り飛ばされた。

 


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】LAPIS LAZULI 04

自分が女にむしゃぶりつくことはあっても。
男に愛撫される日が来るなんて思わなかった。

あのチョン・ユンホが俺の上に乗って。
俺の首筋に吸い付いている。

男らしく骨ばった手をいつからか見つめていた。ゴツい腕時計のよく、似合う。
そのくせ繊細で美しい指先が今、俺の小さな尖りを責め立てる。
漏れる声が、自分の声じゃないみたいで。
あ行しか知らない赤子のように繰り返し喘ぐ。

その手が不機嫌そうに俺のベルトを外しにかかる。
触られたくて自分でベルトを外しチャックを下ろしやすくする。

期待とは裏腹に彼の手が止まる。欲しくて縋りつく。
背中に腕を回して見つめれば、ユノはニヤリと笑った。
「なあ、しゃぶれよ」
一瞬思考が止まる。意味は、分かるけれど。
俺の上に跨りながらユノはベルトを外す。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

【Ameba救済】Even 77

手をつないでバスルームへ行く。今さらな話だけど。
体、すっごく鍛えてるんだな。思わず見惚れる。
「チャンミンさんて」
「ん?」
「すごい・・・鍛えてるんですね」

触っても、いいかな。聞かずについ手が伸びる。
あ、やべっ。あんまり触り過ぎたら、いやかも・・・。
思って見上げると、なんか。
キスしたくなる雰囲気だったから。

どちらからともなく、キスをして。
お互いの手で体を洗う。もちろん、刺激し合いながら。
向かい合わせに座って、ふたりの手で一緒に擦って、イッて。
ぐったりしながらまた、抱き合う。

本当はこのまま、して欲しいって思ったけど。
体にはやっぱり、よくないんだろうから我慢。
大好きなあなたと、こうしてくっついていられるだけで幸せ。
欲張りになっちゃ、いけないね。
もっと自然に寄り添えるようになりたい。

 


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



これのどこが・・・
そんなにエロいんだよ・・・
飛ばしてるかもしれないけど(別のものを)
全然じゃないか・・・!
と思うのは私だけではないはず・・・

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Even 71

うれしい。やっぱり、こんなふうに。
体で感じ合うことが、好きだ。好きな人とならなおさら。
あなたの腕が俺の腰を抱いてゆっくりと動かす。
好きなように動く。あなたが、望むように。

上下する俺の体にあなたが噛みついて。
背を反らし吸われながら腰を動かす。
お腹のすいた赤ちゃんみたいにきつく、吸われて。
どうにかなりそうなくらい、気持ちいい。

「あっ・・・!」
いきなり噛まれて声を上げると。
「・・・痛い?」
聞くくせにまた甘く舐められて、吸われて、の繰り返し。
その度喘ぐ俺にあなたは悔しそうに。
「嫉妬・・・してんだよ、これでも」
言われて、驚く。・・・嫉妬する、なんて。

俺だって今まであなたがどれだけたくさんの女を。
こんな風に愛撫してきたか、突き上げてきたかを考えるだけで。
嫉妬に狂いそうで。
だけど何も言えなかった。

俺も嫉妬して、いいの?
うれしくて、泣きそうになる。
「俺も。・・・いやじゃなかったらもっと・・・して、欲しい」


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR