FC2ブログ

Apprenti 180

多分本当に俺はもう、ガンウの管理を必要としなくなったのだと思う。

仕事の成果は挙げていたし、新しい店を出す計画も滞りなく進んでる。
もう少し時間は必要だけど。
チャンミンのためにも俺は、しっかりとこの先を見据えてやっていきたい。そのためにガンウも協力してくれた。
いざ、ガンウが手元を離れるとなったら。

すごく、寂しい。自分が思った以上にガンウに依存してた部分があったんだと今更気付いた。
本当は地元へ帰りたいだろうに、それでも俺の仕事のために残ってくれると言う。
いつかは、離れなければいけない。
でも、そのときはもう一度向こうへ戻って、一から出直すときだ。

今後の契約として、家を出るときから、家に帰るまでの時間、秘書として働いてもらうことになった。
ただ、もちろん友人として遊びに来てもらってもいいし、チャンミンが遅いときは夕飯を作ってもらうこともあると思う。この点はチャンミンもガンウも了承してくれた。
俺はなんだかんだ言いながら、誰かに依存して生きているのかもしれない。
なんでもひとりでできるつもりでいたのに。

「甘えんぼなんですね、ユノヒョンは」
「なんだそれ」
「だって・・・僕だけじゃダメなんでしょ?」
チャンミンはふざけて拗ねた振りをする。
コーヒーを入れてくれる背中を、後ろから抱きしめる。
「お前じゃなきゃダメだ。でも・・・そうだな。仕事に関してはガンウの力が必要だ」
「僕は・・・ガンウさんの代わりになれないんですね」
「お前にはちゃんとシェフとしての修行を積んでもらわないといけないからな」
「シェフ?」
「・・・言ってなかったな。お前がもう少し修行を積んで、俺の準備が整ったら。
 お前が好きなように腕をふるうことができる店を、出してやる」
「・・・え?」
「お前が全て自分で決められる規模の店だ。欲張らなくていい。長く続けられる店を作りたい。お前と」

チャンミンは、俺の腕をぎゅっと抱きしめて。
何度も頷きながら涙を零した。
「僕、頑張る。もっと頑張るから・・・。待っててください」
「ああ。それまでに完璧に支度しておく」

俺の夢は、お前の夢だ。お前の夢は、俺の夢。
たくさんの人の力を借りて、その夢を実現させて。
感謝の想いをお前の料理で、返していきたい。








--------------

今日はいろいろバタバタというか。
自分でも予想外のことになりました。
まあ、それはそれでいい暇つぶしになるからいいかな。

まろり~なさんからもんげーバウムクーヘンいただいたー
ありがとうございます!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 179

「おかえりなさい!」
「おかえり」
「ただいま帰りました。本当にありがとうございました」

ガンウさんが帰ってきた。ガンウさんが帰るまでの数日間。
朝も夜も時間を忘れてユノヒョンとずっと抱き合ってた。すごく幸せで。
ガンウさんもこの数日、楽しい時間を過ごしたのがよくわかる、すっきりした顔をしていた。
お土産をもらって、ガンウさんの話を聞いて、また明日から頑張ろうって話をした。

ふたりきりの時間もすごく楽しいけど、ガンウさんがいてくれると、ちょっと引き締まってそれもいい。
最近、週末はガンウさんもいつもより早く帰るようにしてくれるけど。
ガンウさんだって家にひとりなんだから、もっと一緒にいてあげたいと思ったりもする。

「ひとつ、お話があります」
ガンウさんが改まってそう、言う。
「お話?」
「なにかあったのか」
ユノヒョンもちょっと心配そうにガンウさんを見ている。

「会社にこれまでの仕事について報告してまいりました。その結果、もうユンホさんには。
 僕のようなお目付け役は必要ないだろうという結論にいたりました」
「それって・・・」
ユノヒョンは絶句している。まさかそんなことを言われるとは思っていなかったらしい。
「僕の今後は、向こうに戻って引き続き同じような仕事を・・・秘書としての仕事を任されるようです。
 ユンホさんみたいに、プライベートまで管理するようなことはありませんが」
「そう・・・なんですね」
「これでやっとすっきりできるでしょう、ユンホさん。もう、浮気の心配もないでしょうしね」
ガンウさんの笑顔に、ユノヒョンは。
ため息をついてから、ゆっくりと口を開く。

「俺は、ずっとお前に世話してもらうつもりで、いた」
「ユンホ、さん・・・」
「家族の事情で帰らなきゃいけないとか、そういう理由じゃないなら・・・俺はまだ、お前と一緒に仕事をしたい」
ユノヒョンの言葉を聞いて、僕は少なからずショックを受けた。
仕事のパートナーだと分かってはいても、ぼくの目の前でほかの人を口説くような、こと。
ガンウさんは僕の些細な変化を見逃さなかった。
「僕は構いません。ただ、仕事の時間だけ、ご一緒させていただければと、思います」
「本当に・・・いいのか?」
「お父様・・・社長からは、あなたの意に沿うようにと」

ユノヒョンはすぐに電話をかけた。その場ですぐ。
ガンウさんはこのままユノヒョンの秘書を続けることになった。
ただ、仕事内容はこれまでとは少し異なり、朝家を出るときから、家に帰るまで。
朝食や夕食の支度など、身の回りのことはもう、僕が全部してあげられる。

多分これからもガンウさんに頼ることはあるだろうけど。
やっと、ふたりになれる。本当の意味で。
ふたりの生活が、始まる。









--------------

今日まーみーさんからチョコその他いただきました。
ありがとうございます!
考えればもうすぐですね・・・今回も何かしようとぼんやり考えつつ
うちにはプリンターがないので結局なーんもできないままっすw

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 178

受け身の体を弄ぶには限界があって、もうぐったりとしているチャンミンを。
これ以上抱いてもおもしろくない。
そんなわけで他を探す場合もあるわけだけど、それも言い訳なのかもしれない。

それでも。抱くためだけにお前をそばに置いてるわけじゃない。俺にとってお前は。
唯一、抱いて眠れる相手。その目を見るだけで胸をえぐられるような思いを。
俺にさせてくれる存在。

傷つけたいと思いながら、傷つけられない。あの我儘な甘えを許しちゃいけないとわかっているのに。
あいつに甘えられると、弱いんだ。
どうすればお前だけで満たされるか、それを考えればいいだけなのに。
逃げようとしているのは俺のほう。

ベッドを降りようとすると、その指が。
体に触れる。
「・・・起きたのか」
「起き、たよ。どこ行くの?」
「・・・シャワー」
「僕も、行く」
「お前は」
「行く。連れてって」
自分で起きれないくらいぐったりしてるくせに、両手を広げて甘えてる。
「・・・わかったよ」
その上にのしかかる。チャンミンは不思議そうな顔をして。
「こうしてるほうがいいんだろ?」
「・・・ん」
すごく幸せそうに微笑む。少女のように。
お前は、どうしてそんなにうれしそうに笑えるんだろう。
口付けて、繰り返し何度も舌を絡めて。かすかな火がそのうちまた少しずつ燃えていく。

小さな突起を舐めあげると震えていた体が、愛撫のたびに大胆になって。
突き上げればもっとして欲しいとすすり泣く。
お前だけでは足りないと言いながら、お前ほどいとおしく啼くヤツはいない。

貫いたままお前を見つめていると、赤子のように俺にしがみついて。
ずっと、離れないでとつぶやく。
そう、だな。ガンウが戻るまで、仕事に戻るまでずっとお前と。
こうして抱き合っていよう。




テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 177

部屋に戻ったユノヒョンをじっと見つめる。ユノヒョンはいつもと変わらない。
「レラさんと会ったんですね」
「ああ」
「また・・・何かあったんですか?」
「何も。あるわけないだろ」
そう言いながらつまらなそうな顔をするのは、僕がもっとあれこれ突っ込んでくるのをわかっているからだ。
だから、あえて聞かない。

「もう、メシは食べたか」
「はい。ガンウさんと一緒に」
「随分慣れたな、ガンウに」
優しい顔でそう言われる。やきもち、なわけないけど。
ちょっとだけうれしかった。

支度、しますね。キッチンへ行ってユノヒョンのご飯を温める。
台所に立つ僕を、ユノヒョンは後ろから抱きしめて。
「久しぶり、だな」
「え?」
「お前がここに立つの」
僕の腰を抱きしめる腕に手を重ねて。
「むこうで座っててください、すぐ」
「メシなんかあとでいいよ。それより」
体を押し付けられる。それがどうなってるか、わかる。
ユノヒョンの手が、ゆっくりと下がって。
耳に口付けられる。身をすくめるとユノヒョンがふっと笑った。

まさぐる手を止めて。
「だ・・・まされ、ませんから」
「騙す? 何を」
「レラさんの・・・こと」
「ああ」
ユノヒョンは僕の疑いをさらっと聞き流して、僕の体を振り向かせる。
「お前だけで足りるなら浮気はしない」
「足りるならって・・・」
「今のうちにお前に満足させてもらう」
火を止めて、僕を抱き上げて。

ベッドルーム。うれしいけど、なんだか怖い。


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 176

もちろん、レラとあと少しで、ってところだった。

チャンミンからの電話は留守電でやり過ごしたものの、さすがにガンウは違った。
レラの泊まってるホテルにしけこんで、服脱がせあって。
やっちまおうかって時に、帰ってこいと。
「稚児か。あいつクッソ真面目そうなヤツだな」
「ああ。見ての通りだ」
「あいつに任せとけばいいんじゃねえの? なんとかなるだろ」
「まあ・・・そうはいかないさ」
「ちょっとくらいいいだろ? ここまできてキスだけかよ」
「始めちまったら終わるまで帰れないだろ」

レラとは昔から体が合う。多分好きな具合が近いんだと思う。
俺のして欲しいように誘うし、喘ぐし。独占したいわけじゃないけど愛情もある。
女みたいにきれいな男。

仕方ない、お預けだ。

急いで戻ると、ガンウは俺を見てニヤリと笑う。
「・・・おかえりなさいませ」
「仕事の件は? どうなった」
「あとのことはよろしくお願いします。僕にできるのはここまでです」
言いながらガンウの目線はベッドルームへいく。チャンミンがいるってことか。
・・・ってことは。
「お前・・・」
「では、僕はしばしお休みをいただきます。連休明けには戻りますので、その間」
ガンウが俺を下から舐めるように見上げる。
「チャンミンさんを・・・悲しませるようなことはしないでくださいね」

それでは。言ってガンウはドアを閉める。見送りに出ようと思ったら。
「お客様がお待ちです。おかげさまで僕は友達が迎えに来てくれてますので、ご心配なく」
ガンウの友達か。会ってみたい気もした。
その前に、俺は。

ドアを見る。レラのことはもちろん聞いているだろう。
思わずため息が出た。



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 175

「レラさんと一緒なんですか?」
「ええ。先に帰っておけと。僕も明日から帰省ですし」
「そう・・・ですか・・・」
「ユンホさんが帰るまでここにいます。どうかされましたか?」

どうもこうも。レラさんは、絶対に危ない。絶対にユノヒョンとなんかしてる。
「ガンウ、さん」
「なんでしょう?」
「あ、いえ、やっぱり・・・いい、です」
ガンウさんがものすごく目を見開いて言う。
「気になるし気にするの分かってて途中で止めるのやめてください。レラさんは、そんなに危険な方なんですか?」
まあ、女装して尋ねてくるくらいですし、って、小さくつぶやく。
「え? 女装?」
「ええ。本当に女性かと思いました。きれいな方ですし」

ガンウさんはきっと、あの人の怪しさに気付けないくらい純粋な人なんだ。だからしょうがない。
本当のことを言ったところで、ガンウさんをいやな気持ちにさせてしまうだけだから。
レラさんなら、仕方ない。あの人は僕にだって平気で手を出そうとする人だ。
ユノヒョンのことだって・・・。

思ったらやっぱり、いても立ってもいられなくて。
電話する。ガンウさんは心配そうに僕を見ていた。
すぐに帰ってきてくださいとメッセージだけを残して電話を切ると。
「電話、出なかったんですか?」
「・・・はい。留守電でした」
「運転中かな。送ると言っていました」
「送る・・・」
「あの人ももしかして・・・危ない人、でしたか」
仕方なく頷くと、ガンウさんはため息をつく。
「申し訳ありません。私も帰省のことで頭がいっぱいで」
「いえっ! あの、大丈夫です、ただ僕が苦手なだけで・・・」
ガンウさんはすぐさま電話をかける。何度も何度もしつこく。
「あの・・・もう、いいですから・・・」
何度目かの電話で、ユノヒョンが電話に出た。
「ユンホさん? 申し訳ありませんが、取引先から連絡が入りました。すぐ戻っていただけますか?
 書類を見ていただかなければならないので。よろしくお願いします」

ガンウさんはかなり強気で電話を切った。さすがだ。僕にはそこまでできない。
「ありがとう・・・ございます」
「僕のほうこそ申し訳ありません。きれいな人だと思って少し油断しました」
ガンウさんでも油断することがあるんだ。ちょっと驚いた。
「すぐ戻りますよ。仕事のこととなると真面目ですから。たまにはいいですよね」

ガンウさんの悪い笑顔に、つられて笑ってしまう。






---------------

ですよね。うんうん。
リリイベ楽しそうですね。

誕生日の追加、ユノ喜んでるみたいだから
いきたくなってきた・・・! 初日いったことないし。
学校終わってすぐ行けば開演には間に合わないことはない。
ただ金がないw

迷うなああ・・・・・


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 174

朝はピリピリしてたけど、仕事中はいつもどおりのガンウで安心した。
怒らせると目が強いだけに眼力で殺されそうな気がする。
カラムの件は早速父に伝えたらしい。これで多少動きが弱まるといいが。
あいつのことだ、あまり気にしないだろう。

チャンミンは毎日、痛々しいくらい俺に尽くしてくれる。
今までなら、家で仕事をしているときは近寄ってこなかったのに、いつも俺のそばにいて。
しゃぶれといえば跪いてしゃぶり、乗れといえば乗る。
あまりに言うことを聞きすぎて怖いくらいだ。

「無理してるだろう」
「してない」
つながれたまま俺にしがみついて首を横に振る。
「ホントは・・・いつもこうしてたい。でも、ユノヒョン、怒るかなと思って」
「怒る?」
「お仕事のときは邪魔しちゃいけないから・・・近寄れなかったんだ」
確かに急ぎのときは集中したいけど、チャンミンがそばにいるくらいで集中できないことはない。
こっちでの生活ももう1年近い。そろそろ禊を終えて、本格的に出店を実現に向けていかないと。

「ユンホさん、女性の方が面会に来ていますが」
「女性?」
誰だ。最近遊んでる女はいないから心当たりが全くない。女関係については厳しいガンウもなぜか。
毒気を抜かれている。よほどの美人かもしれない。
「名前は?」
「レラ、といえば分かると」
あいつ・・・。思わずため息が出る。
「どうされました?」
「いや、なんでもない。通してくれ」

「よ!」
「・・・お前」
「なにあの小僧、かわいいじゃん。稚児?」
「ねーだろそれは。で、何の用だ?」
ソファに腰掛けている俺の上に座って。
「たまには遊んでやろうと思ってさ。チャンミンだけじゃものたんねえだろ?」
さすが、わかってる。忠実な恋人イコール最適な性欲の対象ってわけでもない。

部屋に客が来ている間、ガンウは隣室で待っている。
あいつも少しは休ませてやらないといけない。
レラがニヤニヤしながら俺のひざの上に座って、耳をそばだててる。
「先に帰っていて構わない。チャンミンにはレラがきたと伝えておく」
「お知り合いなんですか? チャンミンさんとも」
「ああ。そんなに遅くならないように帰るから、お前もたまには早く帰ってゆっくりしたらいい」
「・・・でも」
「連休は実家へ帰るんだろう? もう帰る支度をしておけ」
ガンウはしばらく黙ったあと、言う。
「ユンホさんが戻るまでは、チャンミンさんをひとりにはできません。それに」
「それに?」
「・・・あなたの素行調査が、僕の一番の仕事ですから。ユンホさんが帰るまで家にいますよ」

レラと顔を見合わせる。・・・バレてる。
帰りにちょっと寄り道かな。・・・三こすり半だ。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 173

いきなり押し倒されて唇をふさがれる。ユノヒョンは都合が悪いときはいつもこうだ。
「騙され・・・ませんよ」
「何のことだ」
「カラムさんと、何があったんですか?」
服を脱がそうとする手を止めて、ユノヒョンを見つめる。
「・・・聞きたいか」
「もちろん」
「誘われた。いつもの通りだ」
「・・・どう、する・・・おつもりなんですか」
「どうしたらいいと思う?」
「・・・え?」
僕の頬をしっとりと撫でながら。
何を考えているんだろう。イヤに決まってる。僕にそれを言わせたいだけ?
「いやです。もう関わって欲しくない。仕事のことで困るのかもしれないけど、それでも・・・。
 できることなら、もう二度と会わないで欲しいです」
ユノヒョンは冷たい目をしながら、僕のシャツを捲り上げて胸に吸い付く。
「・・・あ」
「お前のその顔が・・・たまんねえんだ」
「だからっ・・・て」
「俺はお前をこうして啼かすのも・・・涙を流させるのも好きなんだ」

愛撫されると、いろんなこと忘れそうになる。だけど今はガンウさんがキッチンにいて。
これ以上されたら、もっと欲しくなっちゃう。
ユノヒョンを押し留めて、服を直して。
「つ、づきは、あとで!」
「ああ。あとでたっぷりかわいがってやる」
目線は冷たいのに、唇がすごく卑猥で。
「とにかく、カラムさんにはもう近づかないでください」
「・・・お前次第だ」
「え?」
「お前が俺をしっかり満足させれば、な」

まん、ぞく・・・? ユノヒョンを見つめてたら。
ノックの音。ご飯ができました、って。

・・・ああ。どうしたらいいんだろう。
ユノヒョンを満足させるって、僕、どれだけ頑張ったらいいの?



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 172

ガンウはもともと無口で、あまりべらべらと話すことはない。
何か用があるときはしゃべる。
アルトの響きは、耳に心地いい。だから俺はガンウの話し声は嫌いではない。

ただ。怒っているときのガンウの顔は、なんというか。
迫力がありつつもキュートで、笑ってしまう。
そして、普段しゃべらないせいか、しゃべりだしたらマシンガントーク。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Apprenti 171

ガンウさんに言われて電話をしたら、カラムさん、が。
電話に出た。どういうこと?
いきなり電話を切られて呆然としていたら、ガンウさんから連絡が来た。

「すみません、お願いしてしまって」
「いえ・・・あの」
「突然来たんです、カラムさんが。あなたの声を聞けば、ユンホさんも自重すると思いまして」
そうだ。結局、カラムさんの存在が。
今のこの状況を生んでいる。
「本当にすみません。おかげで踏み込みやすくなりました。事情はあとでお話します」
「え? あの・・・」
少しして電話が切れた。何のことか分からないまま仕事に戻る。
落ち着かない・・・。

気になったけど、ほかのこと考えながら仕事してたらお客様に失礼だから、考えないように仕事に打ち込んだ。
何とかその日の仕事を終えて、スマホを見ると。
ガンウさんからのカトク。
開けてみると、なんかいろいろ書いてあった。

昼休み明け頃にカラムさんが急に訪ねてきて、ユノヒョンと二人で話したいと言い出したこと。
カラムさんは本社の取引先の最大手のご子息だから、無下にはできないこと。
ガンウさん自身がせかす電話をかけても出ない可能性があったこと。
あまり長くなると何をしだすか分からないので、申し訳ないが電話をしてもらった、ということ。
「またよからぬことを考えているようなので・・・ちゃんとお灸を据えておきますからご安心ください・・・?」

よからぬことを考えてるのはどっち? カラムさん? ユノヒョン?
また・・・浮気するのかな。
浮気っていうか・・・病気? 誘われるから悪いの? でも誘いに乗る方だって悪い。
おうち帰ったらちゃんとユノヒョンに言わなくちゃ。

僕だけじゃ足りないなら、そう言ってくださいと。
僕だけであなたを満たせないなら、僕はどうすればいいんですか?

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR