à la folie 42

蜜月がずっと続けばいいのに。そう思いながら。
近づくその時を不安に思っていた。
いずれこの土地にも武装勢力がやってくる。
そうなる前にここから、せめてチャンミンだけでも帰さなければ。

子供たちは日に日に少なくなっていき、僕としても。
万が一のことを考えると子供たちを迎え入れることができなくなっていた。
状況が落ち着いたらまた会おうと、子供たちを送り返して。
そんな日が来るのかと、不安にさいなまれながら。

チャンミンがそばにいてくれる幸せにいつまでも甘えていてはいけない。
帰るように諭すけれど、頑として首を縦に振らなかった。
一緒にここを出よう。言えば頷く。・・・だけど。
ここを出て、どこに行けばいいのだろう。もう僕の行き場はなかった。

チャンミンだけを逃がすつもりで家を出た。
予想外に早く村は武装勢力の手に落ちていた。
このところ発作の間隔が短い。次に発作が出たら。
逃げられないだろう。足手まといになるのは嫌だった。

学校が大好きだった少年が一人。
逃げ惑う村人の中でぽつんと立っているのが見えた。
銃声が響く中、少年を抱きかかえ逃げようとした瞬間。
弾が右足を貫いた。

子供をチャンミンに託す。逃げてくれと、言った。チャンミンは子供を連れて駆けていく。
このまま、ここで死のう。座り込み建物の壁にもたれながら思った。温かい手のぬくもりに、見上げると。
チャンミンが、いた。

発作の予兆は出ていた。チャンミンを押し戻す力も残っていなかった。
自分のシャツを引き裂き、止血をしてくれている。
それでも血は止まらない。発作が始まった。チャンミンに抱えられながら、建物に隠れた。

僕を抱きしめながらずっと、愛していると。
囁いてくれた。意識が遠くなる。
薬は、もう手元にない。この状況で入手する余裕もなかった。
ああ、やっと楽になれる。臓器をひねりつぶされるような痛みを感じながらも、そう思った。

真っ白な世界に。
ひとりぼっちだ。
愛する人がどこにいるのか、知りたくて。
名前を呼んで、手を伸ばした。ここにいると、誰かに抱きしめられた。

神様? そうかもしれない。
神様は、チャンミンに見えた。
チャンミン、愛している。ありがとう。・・・アデュー、と。
最期の約束を、した。

愛している。生まれ堕ちた瞬間から、ずっと。
今度こそ君を、神の御許で待とう。

次の世こそ、きっと。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらも同時に終了です!
長らくのご愛読ありがとうございました。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Adieu 72

もう絶対、離れないんだ。

目が覚めてあなたが隣にいる幸せを、どれだけ夢見ただろう。
「・・・おはよう」
ユノヒョンを抱きしめる。その腕でしっかり抱きしめられて。
ああ、夢じゃないんだって、実感する。
「おはようございます」

これからずっと、ここで。
あなたとふたり、幸せに暮らしていくんだ。
何もなくても、あなたがいればいい。
あなたのそばで生きて。

あなたと共に死ねれば。

僕の、願いは。
それからしばらくして、叶えられることになる。

混乱の中、逃げるためお互いの手を取って。
走る最中、親とはぐれた子供を見つけたヒョンが。
その子をかばい被弾した。さらに発作が起きて。

逃げろと、あなたは言うけど。
僕一人だけ、生きていけるはずがない。子供を、そばにいた人に託して。
周りもヒョンを助けようとしてくれた。でも薬がない。ここに来る途中で無くした。
もう逃げられないと悟った。

小さな、物置小屋みたいな家に身を寄せ合って。
苦しむあなたを、抱きしめることしかできない。
涙で滲む視界に、必死であなたを映して。
愛してる、愛してる。繰り返し口づける。血は止まらない。苦しむあなたの顔を、見ていられない。

あちこちで悲鳴と、爆発音が聞こえた。この家も。
きっと、同じ目に遭うだろう。
「チャンミン」
肩で息をしながら、あなたが僕の名前を呼ぶ。僕の腕の中にいるのに、探すような手振りで。
「ここにいます。ここにいますよ」

抱きしめて口づけると、あなたは目を開けて。
チャンミン、愛してる。ありがとうと、か細い声で言った後。
僕を見つめ優しく微笑んだ。それがあなたの最期だった。

アデュー。目を閉じる瞬間、そう聞こえた。
あなたを、きつくきつく、抱きしめて。


愛しています、ユノヒョン。耳元で囁く。
近づく爆音に固く目を閉じた。窓ガラスを割って何かが投げ込まれた。

アデュー。目を閉じた暗闇の中で最後の爆音を聞きながら。
せめてこの腕だけはちぎれないようにと神に祈った。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これにて「Adieu」終了です。
ものすごく長らくのご愛読ありがとうございました。

連載がこういう形で終わるということで
かなり「えええええ!」ってなりそうですが
ある意味一番幸せな成就の形かもしれないと。

生きてまた引き離される苦しみよりも
どんなに批判され周りを悲しませる恋愛だったとしても
二人が幸せならそれでいい。
そういう意味でのラストは、自分としては一番好きじゃない死にオチなんだけど
死にオチしかないのかなと(それも自死ではない)思いました。

ユノさんも死に場所を探すために戦地に来たようなものだからですね・・・
チャンミンもそれを覚悟できたのです。
明日の命の保証もない場所で
今を大切に生きるためには
やはり愛する人を愛する、平凡な生活だけでいいんですよね。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Falling you 127

何度も、たくさん突き上げられて。
獣のように声を上げ悶える。
いつか壊れてしまう体なら、あなたに。
いっそ、壊してもらいたい。

仕事をしながら、病院にも通院して。
じいちゃんの具合も、見に行ったりしながら。
俺は着々と準備を進めていた。そんな、ある日。
チャンミンさんが管理者の研修で泊まりに行くことになった日。
俺は、サンウさんに呼び出されていた。

「たくさん協力していただいて、ありがとうございます」
近くまで迎えに来てもらって、食事をして。
サンウさんの家で、これからのことを話す。
「ユノのためなら、協力は惜しまないよ」

ソファに並んで座る。手に手を、重ねられて。
こんなこと、しちゃいけないってわかってはいても。

サンウさんが、俺を求めていることは知っている。
口では言わなくても。
俺が助けを求めた時に暗黙の了解になるであろうことも、承知の上だ。

俺の肩を抱いて囁く。

彼に毎晩抱かれてるんだろう? 一から教え込みたかったけど。
抱かれ慣れた体ならもっと・・・愉しめるね、ユノ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 99

夜中に目が覚めた。シムはすやすや眠ってる。
あの後も・・・激しかった。あいつ、どんだけ好きなんだ。
・・・アレが。

起き上がり深いため息をついて、痛む節々にお前の愛撫を思い出す。
見れば無残なまでに吸われた痕。ある種のDVみたいなもんだ、ここまでくると。
こんなに俺に吸い付くとか、前世ヒルなのかもしんねえなあ、なんて。
くだらないことを思った。いつか血を吸い尽くされそう。

喉が渇く。何の気なしに冷蔵庫を開けると。
・・・いちごオレが、ある。そーいやいつもビニール袋に入ってる。
俺のために買っといてくれたのかな。開けて、飲む。・・・うまい。

パックを吸いながら戻っても、シムはまだ眠ってて。
隣に腰かける。幸せなような、平凡なような。
横を向けばお前の、綺麗な寝顔が見えて。
カーテンの外の薄明かりが気になって、窓に立つ。
「・・・あ」
満月。柔らかな光を、落として。

しばらく眺めてた。少し肌寒くなって、ベッドに戻ると。
「う・・・ん」
シムが俺に寝返りを打ち、抱きついてきた。
「・・・つめ、てぇ」
「トイレ行ってた」
ちゅっとキスされて。
「・・・いちごオレ」
「飲んだ」
「・・・だろーな」
寝ぼけ眼で俺を見つめる。
「俺にしとけよ。幸せにしてやるから」
「・・・ああ。俺も幸せだからお前にしとく」
言うと、本当に子供みたいにふにゃっと、笑って。

俺も幸せがいいなあ、なんで苦しいんだろ、って。
俺を刺す一言を胸に落としてからまた安らかな寝息を、立てた。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



あーんだってシムはあー
好きすぎて苦しいんだもーん!
ユノがちゃんと俺のものって自覚できるまでは
幸せとは思えないのかもしんないー!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 96

執拗に、俺のこと好き? って、聞かれながら。
奥深くまで繰り返し突かれ声を上げるのは酷く獣じみてる。
我を忘れ喘ぐほどお前との行為に没頭することになるなんて。

ああ、好きだ、お前だけだと、言いながら。
頭の中では違うこと考えたりしてる。
それはつまり溺れる自分が嫌になるからで。
だけどすぐ快楽に引きずり込まれる。

嫉妬に塗れたお前の目線を思い出しながら。
今俺を揺らしても不安げな眼差しが愛おしくなる。
好きだと言えば唇を、答えなければ胸に吸い付いて。
どうにしろ俺を狂わせたいらしい。

イッちまいそうになれば休んでもたせたがるお前に。
早くイッちまえと、言えば。
こうしてないとあんたどっかに行っちまうだろ、って。
ありえないことを平気で、言う。

お前に何度イカされたと思ってんだ。思いつつ仕方なくイカせてくれと、囁けば。
お前はわかりやすく目を輝かせ腰を動かし始める。
あんたってホント、悪魔だなって言いながら。

肉を打つ音に体が締まっていく。
お前は「すげえ」って呻いて。
何度も俺の名前を呼んで前後させ俺を搔き抱いて。
俺の中に深く注ぎ込む。

耳元で荒く息をするお前に。
やっぱりかわいいと、好きだと思う。
ベッドの上でしか素直にならないお前に。
俺はどれだけ、愛されてるんだろう。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

あーんとばされたぁーん

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Eyes, lips, in your arms 80

「挿れて・・・くれ」
「何を?」
「お前の、を」
「ふぅん。・・・どこに?」
ヒョンのエロい太ももに俺を、押し付けて。
「ほら、どこ? 自分で腰動かせよ、ユノ」
言えば、ヒョンは舌打ちする。珍しい。
そんだけムカついてんだろうな。すっげえ可愛い。
ちょっとだけ腰を動かしてる。俺のがそこに当たる。
んー愛い奴。
「ここ? 欲しいんなら・・・言えよ。挿れて、って」
唇を噛むヒョンは、とってもセクシーで。
何度あんたに惚れるんだろう。
「挿れて・・・」
「あぁ? 聞こえねー」
「挿れて、くれ」

よし。お望みとあらば。
「挿れるよ、ユノ。そんなに・・・俺が欲しいなら」

ああ、ユノ。まだすべてを受け入れない硬い体は。
俺に押し開かれて少しずつ包み込んでく。
浅いポイントを突くだけで甘い声を上げて。
めちゃくちゃエロい顔でもだえるんだ。
「いい、すげえ・・・いいぜ、ユノ」
入るところまでなら、何とか動かせる。
前後に動かし、我を忘れる。
こんなに男にはまるなんて・・・思わなかった。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Eyes, lips, in your arms 78

ネクタイを取りに行く。1回やってみたいと思ってた。
拘束です・・・!
ヒョンは俺を見て不思議そうな顔をする。
「・・・あ?」
両手首をつかんで、ネクタイで縛り上げる。
頭の上に手を上げさせて片手で押さえつけた。
「ん、いい眺め」
えっろいおっぱいが強調されております。シムを誘っております・・・!
しっかり、そのお誘いにお応えいたします。

「やめ・・・ろ」
両方交互に舐めまくる。ヒョン、いい声で啼く。
どっちも感じてるけど、より気持ちいいのは左の胸っぽい。
なんだろう、なんかあるのかな。俺もなんでかわかんないけど左の胸に惹かれる。
というわけで、左7右3くらいの割合で攻め続け。
小さい尖りも大きい尖りもピンッピンになったのを見届けると。
ヒョン、恥ずかしそうに顔を背けた。
「ああ、もう・・・たまんねえな」

指先で優しく、根元から上に向かって撫でる。
びくぅうっと感じてるヒョン。ふーっと息を吹きかけてから、有無を言わせぬ感じで。
「しゃぶってやるよ。そしたら・・・俺のも奥まで咥えて」
足を開かせる。俺がいま世界中で一番好きな場所かもしれない。
「ココで・・・、ね」

声をこらえてる。ああ、可愛い。
わざと音立てて吸ったる。羞恥は最高のエサだ。
口の中に広がる変な味も、吐きそうなほどでっかいヒョンのも。
今となっては俺を愉しませるためのアイテム。
俺がたくさんご奉仕すればするほど、ヒョンが俺を気持ちよくしてくれるんだもん。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



ああーん
ヒョンも気持ちよかろうけどぉー
シム、もっと気持ちいいー!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Falling you 106

久しぶりのチャンミンさんの家。料理も、ケーキも、イチゴまであった。
「これ・・・」
「うん、今日誕生日でしょ? 明日でも食べよう。イチゴは今食べてもいいよ」
「おっきなイチゴですね」
「ああ。大将がわざわざ取り寄せてくれたんだ。ユノを呼ぶって言ったら」
「お礼・・・しないと」
「大丈夫。俺がちゃんとしておいたから」
チャンミンさんが俺を、子供をなだめるように撫でてくれる。
なんだか幸せな気分で、それを受け入れた。

「お風呂は・・・」
「入ってきました、家で」
「じゃあ、寝ようか。俺もシャワーは浴びたから、このまま寝られる」
眠かったから、助かった。俺のために用意してくれた下着と、パジャマ。
下着は綺麗だったけど、せっかくだから替えさせてもらう。
ベッドに寝転がって手をつなぐと、頬にキスしてくれた。
チャンミンさんが何を求めているかは、わかっているから。

眠そうなユンホたん。服だけ着替えさせて、早々にベッドに入る。
寝かせてあげたいけど、俺も息子も辛抱たまらん。
手をつないで、頬にキスをしながら様子を伺うと。
ユンホたんが俺をエロい目で見つめて、唇にキスしてくれる。
じっと見つめて、キスをする。

よほど具合が悪くない限りは、本当に普通の生活で。
だから、体も。
あなたといると俺は、欲情する。
俺のキスにチャンミンさんはものすごく喜んで、激しく舌を絡めてくる。
体の奥から、あなたを感じて熱くなる。

下着を脱がされ、足を絡めながらのキス。
首筋から胸へと、あなたの舌が這っていく。
感じる声は自分の声じゃないみたいに聞こえて、恥ずかしい。
好きだよ、ユノ、と、あなたの囁きが耳に温かい。

俺の体のあちこちに吸い付きながら、下がっていくあなたは。
本当に俺を愛してくれているんだと思った。
だから、我慢しないで、体いっぱいあなたを感じよう。恥ずかしがる、声も。
あなたが求めているなら、たくさん聞かせてあげる。

その口に含まれて俺はもう一瞬の猶予もないほど感じて。
心許なくシーツをつかみ愛撫されるまま声を上げる。
濡れた音が響き渡る部屋の中で。
咄嗟に口を押え声をこらえた。
それでも、漏れる。

あなたの口の中で、爆ぜて。
行きつく暇もなくあなたは俺の足を割り開く。
ユノ、愛してる。待ちわびたあなたの大好きなものが。
俺の体を、貫いてく。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Eyes, lips, in your arms 68

ご奉仕するから、もう1回チャレンジさせて? って甘えて。
ここぞとばかりに触りまくる。

ご奉仕という名の全身愛撫。泡だらけの体をこすりつけて。
手であっちこっち洗いまくる。
「感じる? ・・・なぁ」
胸やらあっちやらを手でこすりまくると。
さすがのヒョンも感じてるっぽい。だけど我慢してる。
ああ、かわいくねえ。そんですっげえ、かわいい。

「俺のはこっちで洗ってもらうからぁー」
そっちを手でなでなでしつつ、指を入れたりしたら。
ヒョン、なんとかかわそうとしてる。ぜってー逃がさない。
「いーじゃん、もうちょっとしたいから」

ヒョンだって俺が可愛くてしょうがないんだろう。
本気で嫌なら逃げることだってできるんだから。

マットに転がして指を入れると。
押さえた口からも声が漏れるのが分かる。
「すっげえじゃんヒョン、順応性たっかー」
「じゅっ・・・ん、のうなんか・・・っ、あ、してない・・・っ」
あああ・・・可愛い・・・!
この、感じてないもんっ。て態度しながらめっちゃエロい顔で喘ぐのたまんねえ。
普段のカッコいいスーツ姿のユノヒョンに。
こんな格好させて、こんなエロいことしてるなんて。
仕事中も我慢できなさそうで怖くなる。

「実はちょっとねー、研究しちゃったんだー」
ヒョンが眠った後、なんとなく目が覚めてスマホで検索。男の愛し方。
どのへんをどうつつけば感じるか、どう攻めればいいか。
これからもっともっと俺を感じてもらうために、ヒョンを味わうために。
大切なのは開発です・・・!


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】指先まで、ベッドまで。 73

自分の声じゃないみたいだ。

「シム・・・、頼む」
「・・・何を?」
野卑な笑みを浮かべる唇。
「お前、が・・・、欲しい」
「俺の、何を?」
俺の足を、広げながら。
シムはいたぶるように言う。
「・・・っ、わかってる、んだろ?」
「ああ。・・・だから言えってば」
どうして、いつもこうお前のペースに。
はめられなきゃなんねえんだ。お前のほうがやりたいくせに。
俺はさっきも言ったとおり、そう何回もやられちゃたまんねえんだよ。
・・・なのに。・・・だけど。

「挿れて・・・くれ」
「何を?」
「お前の、を」
「ふぅん。・・・どこに?」
シムは見下すような目で俺の太ももあたりに、それを。
押し付けて。
「ほら、どこ? 自分で腰動かせよ、ユノ」
思わず舌打ちする。腕を縛られた挙句にこれだ。
かすかに腰を動かすと、シムはうれしそうな声で。
「ここ? 欲しいんなら・・・言えよ。挿れて、って」
言いたくない。言いたくない、だけど。
そこに突き入れられる快感を、蜜の味を俺はもう、知ってる。

小さくつぶやくのを、シムに咎められて。
挿れてくれ、とはっきり口に出せば。

シムは少しずつ俺を押し開いてく。浅く、ゆっくりと前後に動かしてから。
俺の名を呼び、しきりに「いい」とつぶやきながら。
その動きを早めていく。

切れ切れに続く、声は獣のようで。
腰を抱かれながら、胸に吸い付かれながら何度も絶頂に達する。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR